子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/03/27 浦和11R 桜花賞 予想

サクラが咲き始め、中央より先に南関東競馬でクラシックが始まります。牝馬クラシックの1冠目は浦和の桜花賞。3コーナーの奥から発走するマイル戦です。

すぐに4コーナーにはいるのでコース形態から内枠が有利そうです。ただ、出遅れの内枠は一気に後ろに置かれるので致命的ですかね。どうなりますか。

さぁ地方で連勝中の馬が出てきますし、牡馬を倒した馬が出てきますし、どうしようかな。予想です。

   

本命は2番のトーセンガーネット

前走はポッドギルの逃げを捕まえきれませんでした。しかしあのときは1400m、今度は1600mのレース。

2走前にニューイヤーカップで牡馬を撃破した距離になります。

差し馬なので内枠は不利かとも考えましたが、逃げ馬がいないこのメンバー。それなりに出していき、逃げるであろうポッドギルの真後ろあたりにつけて振りなく運べるのではないでしょうか。

そうなればあとは番手捲りで差すだけ。勝てそうです。

 

対抗に10番のアークヴィグラス

前走の中央挑戦ではだめでしたが、地方競馬では門別と南関東で重賞5連勝中です。

この連勝を伸ばせるか注目を集めます。

大きな差はつけませんがしっかりと差し切る強い脚があります。

牡馬を倒したトーセンガーネットに勝てるかどうか。自分は向こうも強く差し遅れる可能性もあると考えての対抗です。

鞍上が、もう騎手を辞めるというようなことをツイートしたらしい瀧川寿希也。モチベーションがどこにあるかわからないという不確定要素もあります。

さすがに最後までちゃんと乗るような気もしつつ、精神面など心配もあります。

騎手がツイッターをやるようになり、こんな事も含めて予想するようになってしまった・・・

ジョッキー生活最後の重賞かと思うのですが、勝って、あの大晦日の派手なガッツポーズで締めてもらいましょう。

とまで書いたけど、やっぱりガーネットが強い気がする。

 

3番手に1番のダバイダバイ

前走はアークヴィグラスに1秒ちょっとの着差をつけましたが、いい末脚があるところを見せました。

今回最内枠からの発走で後ろに置かれそうですが大丈夫。末脚を見せます。

競技は違いますが、先週行われた競輪のウィナーズカップの脇本雄太のように、後ろに置かれてからの強烈な末脚でまくり切るシーンまで期待しています。

とはいえ、追い込みがそんなに決まるコースでもないので、印は3番手まで。

 

4番手に4番のホウショウレイル

昨年夏までは大差続きの3連勝。こりゃあすごいと思ったらローレル賞でコケました。その後一組の特別戦は勝つもののまた重賞でコケて。

そんなに強くないかもしれないですが、いや、まだ可能性はあると信じたいという中途半端なところでこの印。消せなかった・・・