子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/10/31 京都9R 萩ステークス 予想

10月も終わりハロウィンです。渋谷に行くほどの年齢でもないのでスプラトゥーンでいかをしばいています。朝からどうにも競馬が当たらないので。

しかし、そろそろ午後になって流れが向いてくるはず。

ここ5年でホープフルステークス馬を2頭輩出している萩ステークスを予想します。

タイムフライヤーとサートゥルナーリア。早熟馬を狙えば良いんですかね。

昨年はヴェルトライゼンデですか。いい馬が出てきていますね。

 

どうしましょうか

本命は2番ワンダフルタウン

新馬戦は戦った相手が悪かったのでしょう。ダノンザキッド、これは強そうですから。1秒以上離された2着でもしょうがない。

そのしょうがなさを証明する前走の圧勝だと思います。

ここも大人気でしょうが、まぁそうでしょう。強そうですから。

良い切れ味で後続をぶっちぎる圧勝劇。直線の長い京都の外回りのコースで、また切れ味を存分に見せてくれそうなので本命です。

   

対抗に5番ギャラントウォーリア

マルセリーナ、グランデッツァの兄弟です。グランデッツァの兄弟ですから京都の1800mのこのコースは合いそう。レコードを出してくれそう。

それに上に挙げた2頭は速い内から活躍していました。これも魅力。

1800mで押し通しているのも好感を持てます。

新馬戦で負けたのは重賞馬のソダシ。相手が悪かったということにしませんか。

前走と同じコースで連勝してオープン馬になってもらいたいところです。

まぁでもワンダフルタウンが強そうなので・・・

単勝を握りしめて、当たったら喜びましょうかね。12倍もつくんですね。

 

3番手に1番ジュンブルースカイ

出始めた頃のドゥラメンテ産駒はどうなることかと思いましたが、ここのところはだいぶ持ち直している気がします。

過剰な期待がなくなっただけかもしれません。

ここ2年の勝ち馬であるヴェルトライゼンデとサートゥルナーリアが新馬勝ちから直行で勝っていることから、新馬勝ちでここに出てくる馬を買いたいと思いました。

候補は2頭で、もう一頭がレベランス。

レベランスの前走は福永なにしてくれとんねん、どこほっつき歩いてるんやと思ったところからえらい勢いで追い込んできて圧勝。インパクトはありました。

今回も少頭数でスローな流れになれば切れ味が鋭く延びてくるのかもしれません。しかしあのギャンブル脚質は心配です。

ギャンブルをしているのにギャンブルが心配というわけのわからないことを書いてしまいましたが、追い込み馬よりは多少前のほうが買いやすい。

京都で信頼の武豊ブランドのジュンブルースカイの方に期待したいです。騎手買いです。

ドゥラメンテの育て方もそろそろ見えてきてこれから爆発してくる気もしますし。

さぁ最終週の京都、なんとか当てまくりたいところです。

この3頭で決まってちょうだいよ。

2020/10/30 船橋9R たまごかけごはんスプリント 予想

 

10月も終わりに向かう30日、船橋競馬でおもしろレース名を見つけました。これはもう予想しないと。しかもここのところ印を回してるハクサンベルも出てきてる。

ますます、予想しないと。

1200mのB1クラス。たまごかけごはんスプリント、予想です。

 

まず、ハクサンベルは一瞬の切れ味はあるんでしょうが、この距離では追走でその脚を使ってしまうんじゃないかと心配なので切ります。

次に狙いたいですね。スプリントのスピードを体感した後は追走が楽になって、今までよりいい位置で競馬ができれば差し切り勝ちも見えそうです。

 

本命は1番ダモンデ

北海道にいる頃からよく買っています。ここまで26戦連続1200mを使われてきていますね。これだけ同じ距離ばかりというのも珍しいのではないでしょうか。

4,5番手から安定して差してくる競馬をしているので安心してみていられます。

アタマで固定で。とまでは思いませんが連勝系の軸に丁度いいです。

   

対抗に3番エラスムス

後方から差してきてアタマまで届かずの競馬が続いています。

しかし、今回はメンバーが手薄な気がしますし、内目の枠ですからそこそこ前の方にも自然に行けそうです。

番手をあげられるなら、差してアタマまで、今度は届いても良いのではないでしょうか。

 

3番手に2番トキメキライツ

ここ5戦続けて馬券圏内。馬券を取りたいですから。大当たりを無理やり狙いたいわけではないですから。

ここは堅実な馬で固めます。

 

とにかく当てたい。それだけです。

内から3頭、人気なのでしょうが。。。あてたい。単価を上げれば少しは儲かるかな。

2020/10/28 船橋11R 平和賞 予想

 

日本は核兵器禁止条約に署名しない参加しないと改めて表明した週に平和賞。平和とはなにか、そんな事も考えながら、命の危険を感じずに競馬の予想なんかできるありがたいことに感謝しながら、さぁ当てましょう。

2歳重賞で距離は1600m。昨年の勝ち馬は後に交流G1全日本2歳優駿の勝ち馬ヴァケーション。2年前の勝ち馬は東京ダービー馬のヒカリオーソ。ここ2年は後の活躍馬を出しています。

今年もここで勝った馬は注目していきたいですね。後に活躍する馬を当てるレースです。

   

本命は8番ジョーロノ

逃げ切りに期待、そして2頭出しの人気薄です。そのはずです。

メンバーを見渡すとゴールドジュニア組vsその他の組+北海道からの遠征馬ということになろうかと思います。

そしてゴールドジュニアは強い逃げ馬アランバローズがいたので後続はどうしようもありませんでした。今回はどうか。

ゴールドジュニアで2着のマカベウスが前走1番人気でしたし、ここでも人気になるのでしょう。しかしどうでしょう。鎌倉記念もレベルの高いレースだったと思うのです。

逃げ馬が多くいるなか先手を取って逃げ粘っての3着。

スタートからしばらくはゴールドジュニア組より速く、なかなか厳しい争いだったと思います。それを制してペースを握りながら3着。

相手のレベルもあるのでしょうが、これは評価したいと思いました。

競馬は前から。マカベウスは前走ほどはないにしても後ろから。何か起きるなら前から、前にいるのはこのジョーロノ。単勝で買いたいですね。

 

対抗に1番マカベウス

最内枠ですし、前走よりはもうちょっと前にいるような気はします。それなら差しが届くか。

しかし、後ろですから取りこぼしが気になりまして対抗です。

 

3番手に3番ツエンダー

穴でこの馬。名前の通り、終わってから「つえんだー」と感心したいですね。

鎌倉記念で掲示板を外しているヴァヴィロフに負け、ジョーロノにも負け、前走のゴールドジュニアーも見せ場なし。これじゃあどうしようもなさそうですが、フリオーソですし距離が伸びて変わるかなという期待です。

隣のコンモートフーガもフリオーソですが、こちらのほうが今までの着順を見る限り良さそうなので、こちらのツエンダー

関係ないですが、ゴキブリのムエンダーは本当に効いてるんですかね

2020/10/27 船橋11R クイーンズオーディション 予想 クイーン賞トライアル

 

クイーン賞のトライアルですか。12月のレースのトライアルをやる時期が来ました。

もう、年末なんですね。今年は本当に思い出がないですね。

家で淡々とやられるのが、ここまで味気のないものだとは思いませんでした。

現地での思い出、手触り、歓声で我を忘れ馬券がどうでもよくなる。そんな経験も、もうできないのかもしれません。

世界がいつかまた、さわがしくありますように

www.tokyocitykeiba.com

大井の広告です。

秋には騒がしすぎて声が枯れている予定だったのですが。

なけなしのお金で京都に行って全力で歴史を見届けるつもりだったのですが。

もう、世界は騒がしくならないのかもしれません。そんな気もしてきました。

さて、そうは言っても競馬は続きます。

騒がしかろうが騒がしくなかろうが。競馬は続きますし、私は夢を見ます。

とにかくお金がほしいんや。

 

さぁ船橋のトライアルレース。水曜日には2歳の重賞がありますがそこに転がすため、資金を作っていきましょう。給料日までもうちょっと。

死なない程度に勝負です。

   

クイーンズオーディション、いい名前です。ここからクイーンが選ばれていきます。

本命は7番リトミックグルーヴ

メンバーを見渡すと、少頭数ながら逃げ馬や前に行く馬が多い気がしました。

大外のカラースキーム、5番のニーマルティアラ

番手から2走前に逃げ勝っているアブソルートクインなんかもつついていきそうです。

チェリーシャクナゲも交流重賞で中央馬についていくぐらいですから前の方。

ある程度ペースが流れると見て、後ろにいそうなこのリトミックグルーヴから買いたいです。

ペダルーダまで差さるほどズブズブにはならない気はしますが基本は後ろから。

 

対抗に6番サツマキリコ

2000m付近が丁度いいような戦績ですから、このマイルへの距離短縮は良くないかもしれません。

ただ、後ろの馬にも出番があると見ているので、忙しかったとしても届いてきませんか。

むしろ、後ろでもたついている間に前がバテてきて届いてしまう。そんな展開に期待しています。

 

3番手に1番レイトブルーミング

Late Bloomingということで遅咲き、晩成というところでしょうか。

まだ4歳。ベテラン勢も活躍がある南関東においてまだまだ若いこの馬ですが、チャンスはありそうです。

地方2戦目、中央と違うダートに慣れてさらなる前進を見込んでいます。

中央のときは追い込み馬でしたが、それくらいの位置で運んでズドンと飛んできませんか。

 

この3頭で、あまりつかないでしょうが資金を稼げればいいですね、

そこから平和賞へ転がして天皇賞へ臨みたいところです。そして最後は道営記念でドカンといきたいですね

2020/10/25 東京10R 甲斐路ステークス 予想

菊花賞の前に資金稼ぎ。

金沢の新設重賞でやろうかと思いましたが15:35発走。

ルミエールオータムダッシュでもいいけど、写真判定とかで確定が遅れると買えない。余裕を持って14:50発走の東京10R甲斐路ステークスを予想します。

甲斐路、かいじ、よく通過待ちをさせられていますからね

そのぶんもたっぷり返してもらいましょう。

 

本命は1番カントル

ワグネリアンの下ですが、兄ほどは・・・

ただ、休み明けから安定して走っています。ここは昇級初戦ですが前の方に行く馬ですから馬券には絡んでくるでしょう。

東京2000mで最内枠というのも絶好です。連勝でオープンへ

   

対抗に7番レッドアステル

大人気ですし強いのでしょうが、前走の札幌の負けが気になる。

東京に変わって直線が長くなるし、位置取りもいつもの前目へ、そして頭数も手頃ですから邪魔されないとなれば圧勝まで見えるのですが

やはり前走。。。好調ならあれでも力で解決してくれた気がするのですが。位置取りが後ろになってもどうにかしてくれていた気が。

札幌で負けてお金を持っていかれたのが悔しくて忘れられず対抗に落としているだけです・・・

 

3番手に8番ニューポート

ここ2戦は後ろめでしたが、番手につけられれば面白そうです。

休み明け2戦目、走り頃な気がします。

昇給してから着順は大きいですが直鎖はそれほどつけられていません。何か一つで抜けてくる可能性もあります。人気がないなら買っておきたいです。

 

4番手に12番マイネルラフレシア

4年前のこのレースの勝ち馬です。あのころはまだ降級制度がありましたから、降級して戻ってきてそこからさっぱりです。

追い込みに徹していて、不安要素しかないですがハマれば。

ハマったとき用に押さえておきます。

 

さぁここで勝って菊花賞へ。

 

 

2020/10/21 浦和11R 埼玉新聞栄冠賞 予想

 

秋華賞はデアリングタクトが無敗の三冠を達成、週末の菊花賞のコントレイルはどうなるか!?!?というところに競馬好きみんなの注目が集まっていることでしょう。

もちろん私も注目していますが、買うためにはお金が必要。

デアリングタクト1着、ソフトフルート・ミスニューヨーク2着の馬券にかなり突っ込んだ私にはお金がありません。菊花賞のためにお金がいるのです。

そのお金を浦和に拾いにいきます。

開催メイン、水曜日の重賞S3埼玉新聞栄冠賞に拾いに行くのです。

斤量58kgばっかり。。。G1みたいやぁ。G1みたいな斤量のレースでG1の資金を稼ぐ。できそうな気がしてきました。予想です。

   

本命は2番ファルコンウィング

逃げ馬を指名します。1900m逃げ切ってもらいたい。

古馬相手の初戦が準重賞の千葉日報杯でしたが逃げ切って1着。続く3歳重賞の2戦はそれぞれ最後に捕まってしまっています。

世代限定重賞であかんやつが古馬の強い相手に逃げねばれるんかい。となりそうですが、いけると思います。

リンゾウチャネルと競り合うことさえしなければ・・・

3歳なのに古馬と同じ斤量でしかも58kgという重い斤量は初めて。不安はあります。

ただ、このレースは昨年のディアデルレイ、一昨年のトーセンデュークと逃げ切っているのです。逃げ馬が強いレース。逃げればどうにかなるでしょうと信じてアタマで、単勝で。

 

対抗に5番タービランス

ほんまに安定して走っています。2走前のブリリアントカップで4着になり馬券圏内を外しましたが、それが2年ちょっとぶりの出来事。東京大賞典以来の出来事でした。交流G1はノーカウントにするとその前に馬券圏内を外したのはさらに2年前の北海道2歳優駿。

ブリリアントカップまで、馬券圏内を外したのは交流重賞と芝のレースのみという安定感を誇っていました。27戦して23回馬券になっている。これは買わないといけません。

ブリリアントカップは格はS3でしたが、メンバーはS1でした。それに比べて軽いメンバーですから馬券には食い込むでしょう。安定感を信じて。

 

3番手に11番ロードアルペジオ

過去5年11頭立てでこのレースが行われていますが、大外の8枠11番がとにかくくるんですよね。

1勝、2着2回、3着1回、4着1回、よく見るカッコ書きなら

(1,2,1,1)※着外の1回は4着

ってなところでしょうか。前走はモジアナフレイバーの3着。直線では離される一方で3着とはいえ・・・な感じでしたがあれは相手が悪かった。

交流G1南部杯で3着になる馬ですから。

このロードアルペジオ、地方に来てからパッとしませんが、中央でオープンまでいったうまです。力はあるはず。

後は幸運の馬番を味方につけて馬券までどうでしょう。

 

4番手に1番ホーリーブレイズ

南関東転入初戦の圧勝のインパクトが強すぎて、あれを求めて印を打ちます。あの素晴らしい脚をもう一度。

 

ファルコンウィングの単勝どれくらい付きますかね。楽しみです。

2020/10/18 京都12R 平城京ステークス 予想

デアリングタクトの無敗の三冠制覇がかかる秋華賞!!!のあとの最終レースを予想します。15:40発走の秋華賞から、16:25発走の最終レース平城京ステークスまで45分もありますが、三冠制覇の興奮、余韻を考えると最終を予想する時間はありません。

現地に観客が入れるときは、表彰式の遅れや混雑、余韻のせいで最終レースの発走が遅れるなんてこともありましたが、今年は通常発走でしょう。時間がありません。

ダート1800mの3勝クラス、準オープンのレース、予想です。

   

本命は5番シホノフォルテ

ここ2戦、大きい着順になっていますが、2走前はそこまで離されていませんし、前走は休み明け、さらに後方からすすめる展開。

今回は叩き2走目での前進と、良い位置取りでのレースに期待します。

ヘニーヒューズはダートでスピードを生かしてよく走っているイメージがあるので、しまった足抜きの良いダートはいいでしょう。

 

対抗に7番バーンスター

平城京といえば710年。3年続けて7番か10番が絡んでいる。というオカルトで入れておきます。

1年ぶりの10番パキュートハートより、こちらかなと。

ここ2戦、勝ち馬と0.1差で駆け抜けています。展開一つで勝っていてもおかしくない距離です。ここまで人気がないなら、押さえたいところです。

 

3番手に12番ライトウォーリア

レパードステークスであれだけ負けた理由はわかりませんが、2走前は強かったと思います。ここは自己条件ですし、しっかり走れそうです。

 

4番手に9番ソルドラード

連勝はしていないのでアタマまではないと見ていますが、堅実に馬券に絡み続けていますし、ここは入れておきます。

人気やから来たら安くなるけど、まぁこの安定感は入れておかないと。

 

 

 

 

2020/10/14 川崎11R 鎌倉記念 予想

川崎の2歳重賞の鎌倉記念、1500m戦を予想します。毎年のように馬券に絡む遠征馬、今年は北海道から2頭やってきます。

重賞勝ち馬のリーチとそのリーチを負かしているハッピーホンコン、さぁどうなりますか。

地元南関東からもデビュー2連勝と3連勝の馬が出てきます。

   

本命は4番ナジャ

関西では比較的有名なナジャ・グランディーバ、この人が名前の由来なのでしょうか。ゲームセンターCXでMOTHER2をやるときにも出てきましたね、ナジャ。

名前の由来はわかりませんが、戦績はわかりやすく良い。デビュー2連勝圧勝、位置取りも1を並べています。

ここで内目の枠に入ったことで、外から被されるようなことがあれば心配になりますが、スピードもありそうで、絡まれても行けそうですし大丈夫。

絡まれて潰されたら、もうしゃあない。

行ってしまえば、ここまでの圧勝劇を見る限り強そうです。

 

対抗に3番リーチ

リーチはパチスロや麻雀のリーチでも近藤のリイチでもなく、英語表記を見るとラグビーのキャプテンのリーチですね。マイケルでした。

JBISサーチを見ると英語表記もわかるから色々想像が膨らみます。

出遅れるんでしょうが、差し脚は堅実。川崎の急カーブをこなせるかという心配はありますが、堅実な差し脚は魅力。

前がやり合うなら、いや、やり合わなくてもアタマまで差し切ってしまうかもしれません。

 

3番手に10番サラママ

逃げ馬が揃っていて前がやり合って差し追い込みが決まる。そんな展開なら飛んできそうなこの馬を押さえます。

藤本はけっこう穴目のところを持ってくるイメージもありますし。

 

4番手に6番ヴァヴィロフ

前走はピースフラッグを差しに行くどころか逆に突き放される展開になりました。

しかし、今回は前がやりあってつかれる想定でいくので、届くかもしれないと思い、馬券に入れておきます。

 

前が協調してレースを進める、あるいは逃げ先行勢が強すぎて残ってしまった場合はごめんなさいという馬券で攻めます。

本命対抗はどちらもシンボリ牧場の馬なんですね、幼馴染のワンツーで決めてほしいですね。

ナジャがサマーセールで500万円ちょっと、リーチがセプテンバーセールで360万円ほど、リーチのほうが安かったんですね、勝てば下剋上ってとこですかね。

値段を見ると、セレクトセール出身の名家社台ファームのトーセンウォーリアが4000万円台と抜けていますが、そこまで強いのか。。。

どうなりますか、鎌倉記念20:10発走、帰ってから楽しみです。

 

 

2020/10/12 盛岡11R マイルチャンピオンシップ南部杯 予想

 

いつもは体育の日ですが、今年は7月に飛んでいってしまったので平日の夕方開催のマイルチャンピオンシップ南部杯。ジョッキーの移動の兼ね合いがあるんかもしれんけど、18時過ぎの最終レースと入れ替えてほしかった・・・仕事中なので生で見られない・・・

まぁでも昼休みに買います、書きます。南部杯の予想です。

   

本命は3番インティ

ここで2019年のフェブラリーステークス以来の復活勝利となりませんか。

ワイドファラオとのハナ争いになってしまうかとも思いましたが、スピードが違うでしょう。

ワイドファラオはそこまで速い速度では逃げません。

とんでもないスピードで行っていけるところまで行くのがインティだとしたら、単騎で大逃げでどこまで行けるか。そんな競馬をしてもらいたいところです。

オカルトですが、このレースは第33回マイルチャンピオンシップ南部杯。33回。3が来てもいいじゃないですか。サスペンス馬券です。

 

対抗に11番サンライズノヴァ

連覇の目も十分にあると見ます。昨年とジョッキーが変わっていますが、前走も乗っていた松若ですから大丈夫。所属厩舎の馬ですし、よくわかっていると思います。

ジョッキーのコース経験が不安なので対抗です。あんまり下げすぎると急坂があるとはいえ直線はそこまで長くないので届きませんよ。

インティがバテて番手捲りを放つワイドファラオのさらに外からまくり一髪のイメージです。

 

3番手に5番モズアスコット

前走のかしわ記念はもうからっきしだめでした。あれが地方のダートがおもすぎて辛いというのなら、今回もしんどいかもしれません。体調面なら立て直しがあってもいいかもしれません。

差し馬なのでかしわ記念のようにスローに落とされると不安ですが、インティはスローに落とそうにも落とせず行ってしまいそうなので大丈夫。

この馬に初騎乗の横山武史がどう乗るか楽しみです。お父ちゃんよりは前におらんと勝負できひんで間に合わへんでと思って騎乗してもらいたいところです。

 

4番手に15番ワイドファラオ

インティにいかせて2番手キープで行ってくれよ。ついていくなよと思っています。

かしわ記念も帝王賞も絶妙なペースで行っていたと思います。なら、今回も行かせて離れた2番手で行きませんか。

離れていればどうなんでしょう、馬も自分が先頭と思って走りませんかね。

逃げ馬を自分で捕まえに行って、番手捲りを放つ力強いタフな競馬が必要になりますが、この馬なら大丈夫そう。しっかり馬券圏内に残ってきそうな気がします。

この馬を目標に後続に殺到されると、もう何もできずやられるかもしれません。。。

 

ワンダーリーデルはノリちゃんの位置取り次第で、いつもより後ろじゃなく、いいところから鋭い末脚を繰り出す可能性も考えましたが、ここまで手を回せませんでした。お金がないので。

ゴールドドリームも馬券に絡んでもおかしくないどころか当然な気もしますが、なんでしょう、何かが起きそうな気がして買いません。

モジアナフレイバーはこのあたりの距離が得意やとは思いますし、前走は地元のレースを試運転のような走りでしっかり勝っているところも気になりますが、ここまで回らない。

ヒガシウィルウィンもG1馬で岩手に移籍してこのマイルのコースを連勝で来るのはいいことですし、ジャパンダートダービーではサンライズノヴァを負かしていますが、今は同期のサンライズのほうが信用できると思って切りました。

さぁお金を増やしたいですがどうでしょう、これを書いている現在、呪いの3番人気はモズアスコットですか・・・

2020/10/12 名古屋11R 秋の鞍 予想

今日は交流G1の南部杯もありますが、戦う資金が必要。1時間前に発走する名古屋の3歳重賞秋の鞍で資金を稼ぎたいと思います。

3歳秋の重賞秋の鞍、南関東から3頭、兵庫から1頭遠征してきています。

東海ダービー馬のニュータウンガールに、兵庫ダービー2着馬のステラモナーク。スプリントの重賞を勝っているエイシンハルニレ、2歳時に重賞の勝鞍のあるミステリーベルン。さらに交流G1全日本2歳優駿の優勝馬ヴァケーションまで来ます。豪華です。

豪華メンバーで争われる秋の鞍は1400m戦、あれ、去年は1800mやった気が、その前はマイルやった気が・・・距離がコロコロ変わるなぁまぁいいや予想です。

   

本命は10番ステラモナーク

3月に当地の1400mの重賞若草賞で圧勝しているので、このコースは得意だろうと見て本命です。

ニュータウンガールはもう少し距離が長いところが本職な気がしますし、スプリント系のエイシンハルニレも差して来れるかどうかと考えると差し切るまでは考えられない。

ステラモナークで堅いだろうと思います。

 

対抗に8番コパノライダー

1勝クラスから転入してきて4戦3勝。前走では古馬もいるA級の下の方のレースを圧勝しています。

同型のステラモナークがいますが、ハナを取りきることができればチャンスが回ってくるかもしれません。

 

3番手に12番エイシンハルニレ

アタマまで差し届くことはないだろうということで3番手扱い。

スプリントの重賞で強さを見せていますから距離は合うはず。ただ、前も強いので・・・

差し切られたらごめんなさい。

 

4番手に6番ナムラマホーホ

JRA未勝利から転入してきて8戦7勝、絶好調です。

重賞に初挑戦とはなりますが、この勢いに乗って馬券に絡んでくるかもしれません。

 

ヴァケーションはここ2戦が負けすぎやろうということで切りました。休み明けの3戦目なので走り頃かもしれませんが・・・

ここらへんきらんと、配当的にもしんどくなるので・・・

 

2020/10/11 東京11R 毎日王冠 予想

秋の東京競馬が開幕したというのに、見に行けないのは残念です・・・

秋の天皇賞の前哨戦、毎日王冠の予想です。

 

本命は9番サリオス

2年連続ダービー2着馬の毎日王冠制覇となるでしょう。

前日夜中の、これを書いている時点で1.4倍。そんな人気になるんかいな・・・

コントレイルは強いんやろうけどこの馬も十分に強いはずです。

サウジアラビアロイヤルカップはすごかったし、朝日杯も圧勝やったことでマイラー感が強いですが、200m伸びたあたりは十分に対応できるはず。

ここを勝って、マイルに向かうのかと思いますがここで弾みをつけてもらいましょう。コントレイルさえおらんかったらG1をもう一つたせたはず。皐月賞までは勝てそうやったんやから、やはり1800mは大丈夫。

負けるとしたらアクセルを踏み遅れた場合ですかね。

先行勢がやり合いそうですが、もし、強調してスローに落とすとしんどいかもしれません。

土曜の夜まで降り続いた雨がどこまで乾くがわかりませんが、重い馬場ではいくら切れ味があると言っても、差しを決めるのは難しくなります。そこまでスローになったらもうしょうがない。

 

対抗に3番アイスストーム

東京1800mが得意そうなので指名します。

エプソムカップで全然あかんかったのが馬場のせいやとしたら、今回も厳しいのかもしれません。

ここは一回重馬場を経験したことで今回はしっかり走れると信じての対抗です。

距離、コースの適性でいい走りに期待です。

 

3番手に4番ザダル

この馬は1800とか2200とか中途半端な距離が良さそうです。距離が合う、それだけです。

 

4番手にカデナを推そうと思いましたが

雨の残った馬場で切れ味をそがれては、どこにもいないだろうということで切りました。この3頭で、なにとぞ、どうにか。

 

 

2020/10/08 大井11R レディスプレリュード 予想

 

レディスプレリュード、プレリュードということで前奏曲。JBCレディスクラシックに向けての前哨戦です。今年は大井開催ですから、JBCに直結しそうです。

ここ5年で1番人気は1勝しかしていないので、1番人気を外したいところですが、どの馬が人気になるのか読めません。

前日ではマルシュロレーヌが1番人気になっていますが、これからどうでしょう。雨もひどくなっているので、前の方から売れるんですかね。では、予想です。

 

本命は10番マルシュロレーヌ

追い込み馬がこの一日中降り続いている雨では届かない気もしましたが、やっぱり前走のまくりの勢いはすごいと思うので狙います。

2日連続矢作厩舎がルーツのある大井の交流重賞で勝つってのは出来すぎな気もしますが、まぁありそうなので。

門別のブリーダーズゴールドカップ組がバテ合いの殴り合いだったことを考えて、今回も似たような展開になるんではないかと思います。そうなったときに、追い込みが届くはずです。

みんな似たような脚でジリジリしている間に後ろからスパッとこの馬が伸びてくると見ました。

人気しないでちょうだいよ・・・

   

対抗に13番プリンシアコメータ

長く活躍していますね。たまに大きく崩れるので、それが今日じゃないといいなと思いながら対抗です。

今回もマドラスチェックをマークしながら抜け出してくるのではないでしょうか。あとは殴り合いの直線になるのではないでしょうか。

前にいる、安定感もあるということで、買っておきたいです。

 

3番手に12番マドラスチェック

前走は直線でついていけなくなりましたが、あれは休み明け。

今回は叩いて2戦目で前進があると見ました。大丈夫、今回はあそこまではやられないはず。

このコースで勝っている実績もありますし、どうにか粘り込めるはず。

 

4番手に1番レガロデルソル

牝馬の交流重賞では南関東B級ぐらいの馬が最近突っ込んでくることが多い気がします。

追い込み馬ということで、一応薄めにこの馬を押さえておきます。

あとはチェリーシャクナゲもですかね