子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

2022/06/28 大井11R 優駿スプリント 予想

宝塚記念を終えて、ディープボンド本命の私は死にました。グラチャンはキングオブコージが負けたことで池田浩二を切ったら、インからしっかり逃げられてしまいました。

ならばと河端が参戦してがちがちになりそうなPIST6をやり始めたら、まさかの神山が優勝ではずれ・・・全部外してしまいました。丁寧な暮らしというか、丁寧なギャンブルを心がけないといけません。

6月最終週は大井競馬開催。帝王賞はたぶん入れないんでしょう。どうせ行ったところでね。9頭立てで7頭が中央馬の帝王賞なんて。。。どうしようもないでしょう。

ということで、その前日、火曜日の重賞、優駿スプリントを予想します。3歳のスプリント王者決定戦です。

 

この優駿スプリントを当てるコツはクラシック路線を歩んでいた馬の中からスプリントに合う馬を選ぶこと。それはわかっているんですが、選択を間違える。。。

馬券に来た馬の中でクラシック路線、マイル以上の距離から来た馬を数えてみます。

2021年は2頭 東京ダービーからきたワールドリングが圧勝

2020年は1頭 東京プリンセス賞からきたブロンディーヴァが2着

2019年は1頭 若竹賞という1800mのレースからきたトーセンボルガが3着

2018年は2頭 若竹賞からきたクルセイズスピリツが1着、2着は東京プリンセス賞

2017年はいない トライアル組で3頭で決まりました。

 

ということで、クラシック路線や長い距離から来た馬に注意を払わないといけません。それを意識して予想です。ママママカロニどこいった。。。

 

本命は15番スティールルージュ

前走は重賞に昇格した若潮スプリントですが、ここで4馬身差圧勝しました。

ジョーストーリー、ティアラフォーカス、ポッドヘイローなど中枠勢が逃げ闘いをするところを内に見ながらすっと先行できそうです。あとはどこで仕掛けるかだけ。

門別の重賞でも勝っていますしスピードは十分です。ユングフラウ賞も強い競馬でした。

前走が強すぎただけに今回に心配はありますが、力を出し切れれば。

 

対抗に16番プライルード

新馬戦を勝ったあとは6戦全て重賞を使っています。門別の栄冠賞、イノセントカップは2着。交流重賞の兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿で3着と2歳時は好走を続けていました。

3歳になり京浜盃(1700m)で4着のあと、1800mの羽田盃は13着ときています。距離は短いほうがいいのではないかと、この戦績からは思わされます。

ラブリーデイは宝塚記念を勝っているように長めの距離で活躍しましたが、この馬は短い距離のようです。母父のサクラバクシンオーが強く出ているのかもしれません。

スティールルージュについていってくれればチャンスが出てきます。

 

3番手に7番ブエラプーラ

門別デビューでその後川崎に移籍してきました。移籍してきてからは900mのレースで

4戦3勝と安定感があります。このスプリント特性にかけてみたいと思います。

この馬のデビュー戦、フレッシュチャレンジで勝っていて外れた思い出を急に思い出しました。

 

www.kosodatebaken.net

 

4番手に9番エミーブレイズ

パイロはスプリントで走りそうです。門別デビューで南関東に移籍してきています。移籍してきて3連勝で、そのあとユングフラウ賞で2着。スピードはありそうです。

クラウンカップ、東京プリンセス賞と離されて負けているのもスプリント向きを予感させます。的場が勝てば最年長重賞勝利ですかね。でも勝つまでは・・・

 

オッズがわからない日曜日の夜に書いているのでこれがどこまで配当がつくかはわかりません。でも宝塚、グラチャン、PIST6の負けをまとめて取り戻してさらにガーミンやできればM2搭載のmacbookまで買えるほど稼ぎたいですがどうでしょう。