子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

2022/06/05 佐賀9R 佐賀がばいダッシュ 予想

安田記念のあとは地方競馬で重賞が2つ。岩手と佐賀です。どちらも地方競馬スーパースプリントシリーズの予選?の競走になっています。ここからファイナルの習志野きらっとスプリントにどれだけの馬が行くかわかりませんが、とりあえず、ワンターンの1000m以下のシリーズです。

まずは佐賀の900mで行われる佐賀がばいダッシュ

佐賀のスプリンターといえばドラゴンゲートと覚えていたのですが、出てきていません。さぁ困ったどうしましょうか。予想です。

 

本命は1番 ハヤブサマカオー

デビュー当時の速度感を思い出しての本命です。1番人気のロトヴィグラスが行きそうな気がしていたのですが大外に入ってしまいました。逆にハヤブサマカオーは最内を引いたということで、これは有利ではないでしょうか。

行ききってしまえばチャンスはありそうです。B級で戦っている現状を考えれば、字面の上では格上挑戦のような感じですがもともと交流重賞を勝っているなどものすごく走っていた馬ですから。ここでスピードをいかんなく発揮してくれれば再度の重賞制覇ありませんか。

   

対抗に8番 ロトヴィグラス

スプリントで力を発揮しているこの馬は外せません。外せませんが大外が心配なので対抗にしました。ハヤブサマカオーを押さえて行けてしまうと、逆に本命のハヤブサマカオーが危ないわけですが、まぁそうなったらそうなったとき。おそらく並走というか雁行で最後まで行くのでしょう。

そうなると外のほうが距離を走らされるので・・・対抗ですね。

 

3番手に 6番テイエムサツマオー

昨年の飛燕賞ではいい馬券を提供してくれました。スプリンター気質な気がしていたんです。

前に行くであろうハヤブサマカオー、ロトヴィグラスの3番手あたりからどこまで伸びますか。前を食ってくれてもええんやで。

この3頭で安田記念を取り返します。