子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/06/25 大井11R 優駿スプリント 予想

宝塚記念が終わり、いよいよJRAが首都圏からいなくなって福島や北海道へ移動してしまいます。本格的な夏の競馬、こんなときは大井のナイターがいいですね。少し涼しくなった夜、仕事終わりに大井へと。

今週の大井競馬は重賞が2つ、火曜日に優駿スプリント、そして水曜日が古馬のダート王決定戦帝王賞。豪華メンバーの帝王賞に備えて、まずは優駿スプリントで肩慣らしと資金稼ぎ。

ただ、この優駿スプリントは毎年荒れますし、今年のメンバーを見渡すと、なかなか豪華なメンバーです。

このレースができてからこのかた、三連単はすべて万馬券、去年は100万馬券、しっかりとって次の日へつなぎましょう!!まずはメンバーを見渡します。

   

優駿スプリントトライアルからは上位4頭+1頭の5頭が参戦してきます。過去5年で3頭の勝ち馬を出しています。ここでは上位4頭に注目です。

1着のロイヤルビクトリーは、優駿スプリントの前の2戦でアジュディカグラ、ヴァルラームに負けていましたが、ここでやり返しました。勢いに乗って連勝なりますか。

 

2着のヴァルラームから見ると、2走前に負かしたロイヤルビクトリーにトライアルで逆転された形、再逆転はありますか。

 

3着のポッドギルは4走前にアジュディカグラに大敗を喫したあと、ユングフラウ賞でこのあと牝馬クラシック二冠+三冠目の交流重賞関東オークスで3着と強さを見せた、あのトーセンガーネットに勝っています。1200に戻した前走は差し届かず3着。この距離に慣れて2戦目さらなる前進に期待です。

 

4着のアジュディカグラは新馬戦でヴァルラームに負けるも、その後4連勝。トライアルに出てきたポッドギル、ロイヤルビクトリーを倒しており、1倍台の1番人気に支持されるも伸びを欠いた4着。前走の負けが気になるところですが、ルックスザットキルも人気を背負ったトライアルで負け、本番で勝っていますから、巻き返しに期待です。

ヴァルラームには先着できていないんですよね、そこが気になるところ。

 

別路線組では

11番のナガタブラックは古馬相手に勝ち、勢いに乗って参戦してきます。

2走前はスーパースプリントシリーズ予選の川崎スパーキングスプリントでラディヴィナに0.3差に迫るレース、前走の古馬相手のB2のレースでは、昨年の優駿スプリント4着馬のサンニコーラに先着しています。アジュディカグラに負けていますが、別路線で鍛えられてさぁどうでしょう。

 

13番のホールドユアハンドも気になるところです。やはり重賞勝ちがありますからね、格を考えるとポッドギルと並んで重賞馬という注釈がつくわけですから。

距離が長いところからつめてきて、この1200mのスピードに付いていけるか、不安もありましたが、戦歴を見てみると、JRA時代に福島の1150mで新馬勝ち、圧勝ですから短距離も大丈夫でしょう。前に行く脚もありそうです。

戦績がピンパーなので、アタマか飛ぶか、今回もどちらかなのかもしれません。5勝して、それ以外は掲示板外という成績です。さぁどっちだ。

 

このあたりに注目していますが、印はどうしましょうか、予想です。

   

本命は4番アジュディカグラ

前走からの巻き返しに期待します。ヴァルラーム以外の馬には先着した経験があるので。もう一度、どうでしょう。前走はだいぶ太っていたのも影響しましたかね?

絞って、どうでしょうか。

トライアル1倍台に支持された実力、一戦遅れで発揮されることに期待です。

 

対抗に6番ロイヤルビクトリー

トライアル勝ち馬ですから、印は回さないといけませんね。だって、勝っているんですから。

安定した成績にトップジョッキー、ここは注目せざるを得ません。

アピア以来トライアル優勝馬は勝てていないというところは気になりますが、2着には来ていますから、しっかり馬券に入れていきたいところです。

 

4番手に2番ポッドギル

トーセンガーネットを倒した実力はダテではありませんよ。前走でマイルから短縮して3着に食い込みました。同じ距離2戦目でさらなる前進を。

 

5番手に11番ナガタブラック

古馬相手に揉まれた実力をここでも。毎年1頭は差し追い込み馬は飛び込んできています。その要員で入れます。

 

さぁヴァルラームを切ったことでどうなりますか。6頭買ってもいいのですがそこまでお金はない。少し配当は跳ねてほしい。というところでヴァルラームを切りました。

どうでしょう。