子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/11/17 大井11R ハイセイコー記念 予想

3歳限定戦が終わっていき、各地で2歳の重賞が行われています。

もう来年に向けて世界が動き出しています。

南関東では川崎で鎌倉記念、船橋で平和賞、と行われてきて大井でハイセイコー記念です。今年からS1格付けに上がったようです。

と、ここまで書きましたが、今年から大井のゴールドジュニアーがゴールドジュニアと洗練された感のある名前になり重賞に格上げになったので、大井でいよいよ感はなくなったんですよね。

そして、その重賞初回のゴールドジュニアですごいパフォーマンスをした馬が出てきます。アランバローズ。1400mを逃げて圧勝した馬は、マイルになるこのハイセイコー記念でどのようなパフォーマンスを見せるのか楽しみです。

そして、そのゴールドジュニアで人気を分け合いわずかに1番人気になったものの2着のマカベウスが出てきて、ここで再戦です。

 

ゴールドジュニアでは圧勝を許しましたが、1400mでは不利な大外枠で、かつ、二の足がつかずかなり後ろに置かれたところから追い上げて2着までは来たマカベウス。

対して、ゴールドジュニアではすごいスピードで逃げましたが、今回も逃げ馬が多くいる中で、強さもバレている中で前に行って迎え撃つであろう、今度は大外枠に入ったアランバローズ。

どうなりますか、予想です。

   

本命は9番アランバローズ

ここでデビュー4連勝、重賞2連勝を決めると見ています。

パストーソ、ジョーロノ、グランニコラシカといった、逃げ馬が揃っていますが、大外枠で逆に良かったのかなと思います。

まず、外から被せられずにいけます。行ききれないにしても、砂を被せられずに行けそうです。テンのスピードはなかなか速そうですから、行ききれるのではないでしょうか。

あとは死ぬ気で追われたり、前走のことがあるので早めに潰しに来られた場合にどうなるか、心配ではありますが。。。。まぁいってしまえばどうにか。

ラクテのようにここで負けてしまうことには。。。

 

対抗に8番ランリョウオー

アランバローズとマカベウスの一騎打ちとは思いながら、対抗はランリョウオー。

マカベウスがそこそこついていけるのならいいですが、後ろからになるようであれば心配だなということでランリョウオー。

内回りのマイルコースでは、追い込みが決まる気があまりしないので・・・外をぶん回してどこまでこれますか。

そこで、逃げ馬の後ろにいそうな5戦4勝ランリョウオー。

逃げ馬が下がってきたらすぐに前に出られる位置にいます。アランバローズを見ながら、マカベウスを気にしながらという難しい位置ではありますが、同時に極端ではなくちょうどいい位置だろうと思います。

 

3番手に4番マカベウス

強いのはわかっています。重賞も勝っています。

でも、大井の内回りでほぼ最後方というのはどうなんや・・・

頭数が少ないとはいえどうなんや・・・

どうなんやが重なってこの位置です。強いんやけど。

 

4番手に6番グランニコラシカ

JBCデーの最初のレースで強い競馬を見せてくれました。

逃げ馬軍団の中で、残れそうなのはこの馬かなと思いました。

JBCの日はけっこう差しが決まっていた気がしますが、この馬は残して突き放して見せています。

生で見た印象が強かったので、本当はそこまででもないかもしれませんが。

 

アランバローズの単勝と、印をつけた各馬に流すつもりですが、配当が心配なところです。。。