子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/08/29 大井11R アフター5スター賞 予想

今週末で月末、9月になるんですね。仕事のほうがなかなかうまくいかないだけに、競馬は当てたいところです。

イベントの集客、なかなかうまくいかない。大井の的場Dayは盛り上がりそうですね。仕事をさっさと終わらせてTシャツもらいに急ぎたいですが果たして。

今週の開催のメインは火曜日の的場Dayなのかなという気もしますが、やはり水曜日の重賞でしょう。アフター5スター賞、ここから秋のスプリント戦につながっていきます。何年か前の大荒れのイメージから順当に予想したらあかん気もしますが、ここは強い馬がいるので、順当な予想になりました。

 

本命は12番のキタサンミカヅキ

59kgの斤量で最後の直線どこまで伸びるのか、そこは心配ですフジノウェーブ記念で一回やったときはリッカルド、オメガヴェンデッタに追いつけずの3着でした。末脚がなかなか切れなかったので心配はしています。

しかし、前に行く馬が今回はやりあってくれそう。展開が向いてくれませんか。スアデラ、クルセイズスピリツ、的場ではなく佐藤友則のゴーディー、コーリンベリーあたりがやりあってくれそうです。そうなると、差しやすくなるのかなと。59kgで多少差し脚が削がれてもなんとかなるのかなと。

   

対抗に10番のコーリンベリー

前の闘いが激しくなるとは見ているのですが、それでもこの馬は残りそうな気がしています。いくらG1馬とはいえ58kgの斤量では粘るのが苦しかったようです。今回は55kgで出られます。昨年秋のJBCスプリントでは0.3差に粘っています。キタサンミカヅキとの斤量差が広がる今回は、逃げ込みやすくなるかもしれません。

勝つのは前が残ってこの馬か、差しのキタサンミカヅキかどちらかと考えています。

 

3番手に13番のアピア

昨年のこのレースは3着、さらに今回は58kgと厳しい条件にはなります。がしかし、ここは前がやり合うという想定。指しても来れるこの馬のチャンスが回ってくるかもしれません。前を見ながら追走の先頭を走って、あとはどこまで伸びますか。

 

4番手に3番のキャンドルグラス

この馬も先行集団を前に見て追走していくのかなと。直線に向いてどこまで伸びるか。nankankeiba.comの馬柱に乗る近5走で4勝と調子は良さそう。

ここで重賞に手が届くとまでは思いませんが、しっかり走ってきてくれそうです。