子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/07/16 門別12R ノースクイーンカップ 予想

リングフィットアドベンチャーが先ほど届いて少し遊んでいたので忘れましたが、川崎のスパーキングレディーカップは惨敗でした。星雲賞もダメダメ。

このノースクイーンカップでとりもどしていかないといけません。

10頭立てのレースに大井から3頭、佐賀から1頭が遠征してきます。迎え撃つ地元北海道勢は、前回の牝馬限定重賞ヒダカソウカップで勝ったクオリティスタートが対象ポジションといったところでしょうか。

遠征勢は強力ですね。交流重賞で掲示板どころか馬券に絡む馬に、かしわ記念に紅一点、地方一点で出場した馬に。このあたりをクオリティスタートがどう迎え撃つか楽しみです。

 

門別の馬場傾向を考えると、今週は逃げが決まっている気がします。

メインレースは2日連続逃げた小野楓馬。火曜日は4連勝、水曜日はメインの重賞制覇、のりにのって、さぁ木曜日のメインはどうなりますか。

乗っている馬もいいんですよね、逃げそうなナンヨーオボロヅキ

1800mという距離に少し不安がありますが、高知優駿を逃げ勝っています。

この馬場にあっているのは確かですが、距離はどうか・・・

ただ、この馬をどう捕まえるのかが、このレースの焦点な気がしています。

では、印です。

   

本命は6番ナンヨーオボロヅキ

ここまで逃げが決まっているなら、3日間開催の最後も逃げでしめてほしいところです。メイン3日連続制覇を小野楓馬にやってのけてほしいところです。

逃げ馬がこの馬くらいしかいないのでペースは自由に調整できます。後は後続がどうか。

クオリティスタートに直付けされてプレッシャーを浴び続ければ、キンシャサノキセキ産駒ですから距離不安が露呈する気もしますが

自由なペースで行ければチャンスが広がります。

現在の逃げ残りの馬場を考えると、逃げるこの馬とクオリティスタートやナムラメルシーあたりにどれだけ差がつくかがポイントだと考えているなかで

ヨミ、ペイシャガンセあたりが番手にハマる気がしました。

そうなれば後ろの馬はタレてくるこの馬たちを処理しながら上がってこなくてはならないので、それだけ距離やペースのロスがある、そのぶんだけナンヨーオボロヅキにチャンスがめぐると考えてここは本命です。

クオリティスタートやナムラメルシーが人気をかぶるんでしょうから、裏をかいてこの馬から。

 

対抗に1番クオリティスタート

やっぱり強いです。地元ですし。

昨年はクレイジーアクセル、アップトゥユーという地方屈指の逃げ馬を前に3着に敗れましたが、今回はどうでしょう。

ナンヨーオボロヅキなら倒せそうですが、ただ、前残りの馬場が気になる。

 

3番手に2番アンバラージュ

佐賀のレベルが良くわかりませんが、調子の良さそうなウノピアットブリオといい勝負をしていましたから、この馬も強いはず。

 

4番手に8番ナムラメルシー

交流重賞で2着や5着というのは額面ではこの中では1番

ただ、差し追い込みの脚質が、この前残りに変わってしまった門別でどうなのか。

厳しいペースになったとしても後ろから飛んできづらそう。

もちろん、力で解決されてしまう気もしますが、そのときはしょうがない。

アタマまでないと見てこの位置の印です。

f:id:umagohan:20171109190941j:plain