子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/12/31 高知8R 高知県知事賞 予想

高知の最後のファイナルレースもありますが、その前に重賞を。2400mの高知県知事賞です。

昨年は3歳のフリビオンが制覇。そのフリビオン、休んでいましたが秋に復帰してここに出てきます。調子はどうでしょうか。昨年はどっかに行きましたが2年前の2着馬イッツガナハプンもいます。昨年の馬券圏内は全部いますね。フリビオンに2着馬のチャオ、3着馬のティアップリバティ。楽しみですね、2周ほど回るマラソンレース、どうなりますか。

ゲート上のビジョンにも注目しています。どんな映像が流れますか。

   

本命は6番のアウトスタンディン

ためてためての追い込みに期待しています。長距離になればなるほどスローになり、脚がたまり末脚が爆発するのかなと期待しています。

血統を見ると、母親があのシゲキテキテキーラなんですね。及川サトルアナウンサーが噛んでから3回言い直したというシゲキテキテキーラ、今日は大井に行くのでなにかの縁を感じます。

イッツガナハプンよりも、さらにきれる末脚で。

 

対抗に4番のティアップリバティ

距離は1000mほど短いですが1400,1600のレースで3連勝と調子を上げてきています。前の方に構えて、最後の3コーナー手前からジリジリ後ろを離して粘り込みのようなレースを期待します。昨年3着からの前進を。

 

3番手に7番のサクラエール

中央オープン馬が高知ではC級からやり直し。1回大負けしましたが7戦6勝、絶好調です。

さすがに当地のB級では格が違うということでしょうか。さぁ当地のトップクラスと戦うここでどうでしょうか。中央時代の格を考えれば足りすぎる、しかし、長距離はそこまで強いわけではなさそう。どうでしょうかね。注目です。

 

4番手に10番のフリビオン

昨年はものすごい勢いで勝ちを重ね、高知県知事賞も制しました。8ヶ月以上の休み明けから復帰3戦目、そろそろ走り頃ではないでしょうか。休み明けからの復帰初勝利は年末の大一番。そんな事があってもいいでしょう。

いつも不安になるところからの追い込み、今日も不安になりながら果たしてどうでしょう。

同厩舎の馬を本命にしているのでできれば届いてほしくない気もしていて複雑です。

高知のスターホース、再び輝きを取り戻しますか。