子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/12/12 船橋12R 第64回クイーン賞 予想

船橋競馬は通年ナイターということで今月もナイターなわけですが、もう寒いでしょうね。漬物屋のおっちゃんが心配でなりません。あんな入り口の風通しのいいところにずっとおるんやから。

そんな心配をしつつ、12月の船橋開催のメインレース、牝馬限定の交流重賞クイーン賞の予想です。今回、第64回とタイトルに入れました。サスペンス馬券でおなじみの中丸新将師匠であればここから馬券を作っていきますが、6番は南関東のB級を勝てないドンナディヴィーノ、4番は愛知から参戦のラモントルドール。無理しても馬券になりそうにないですねえ。。。

サスペンスの使い所ではなさそうです。ここはいつもどおりの感性で予想していきましょう。船橋1800mの交流重賞クイーン賞、予想です。

   

本命は7番のアイアンテーラー

逃げ争いを考えたときにプリンシアコメータとアイアンテーラーがいるなと。このうちどちらがハナを切れそうかと考えたときに、内側にいるアイアンテーラーが逃げやすいからこちらが逃げるのだろうと考えました。

JBCレディスクラシックでも逃げていますが、ここに出ているメンバーの中で再先着ということは、この馬の逃げをここに出てくるメンバーでは捕まえられないだろうということです。

逃げ切ってしまうと考えての本命です。南関東のホームページでは過去5走の情報が見られて、1角から4角までの通過順が見られるのですが、4×5レース、20貝のコーナー通過順がすべて1

これはもう逃げてきます。あとは直線でどうかだけ。

 

対抗に10番のサルサディオーネ

この馬は逃げないと馬券に絡んだことがないのですが、逃げられないと馬群に沈むのですがあえて狙います。外側なら砂を浴びずにまわってきてもしかして。あとは成長があれば。期待に期待を重ねた考えで対抗まで持ってきました。番手から運んだことのあるプリンシアコメータのほうがよっぽど狙えそうですが。

 

3番手に8番のハービンマオ

アイアンテーラーも逃げたい、サルサディオーネも逃げたい、プリンシアもそれなりに前にいたい。ペースが上がっていったときに、後ろからの展開になるかもしれない。そのときに欲しい馬ということでハービンマオにしました。関東オークスとレベルは違うでしょうが、前がバテバテになったときに待ってましたと突っ込んできそうです。

 

4番手に1番のアルティマウェポン

二匹目のドジョウが船橋にあるかわかりませんが、前がバタッと止まったときにもう一度この馬の出番はないでしょうか。道営ではだめでしたが、交流重賞で3着。タッチデュールさんのような追い込みで、彼女は4着でしたが、アルティマさんには3着まで来てもらいたいところです。

 

プリンシアコメータを切って、ブランシェクールも切ってどうなりますか。