子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2021/11/24 笠松10R 笠松グランプリ どれだけのハイペースで行くのかに期待

各地でグランプリという名前のレースが始まる時期ですか。もう年の瀬ですね。

賞金1000万円ということでグリーンチャンネル地方競馬中継で放映される笠松グランプリ。

各地のグランプリは長めの距離ですが、笠松は1400m。地方競馬でよく見る距離。各地のスピード自慢が集結しています。

展開予想から馬券を組み立てていこうとしているのですが

とにかくスピードがある馬が来ています。

大外に入ってしまったアザワクと3番のコパノフィーリング。どちらが先手を取るにしてもハナ争いは必至です。

どちらも1000mが大好きな馬。1200mも勝っていますが、さて1400mでどうでしょう。

コーナーで息が入るからある程度持ちそうなのか、一本調子で行って最後にバタバタになるのか。

バタバタになると見て、後ろからで組み立てました。

 

本命は9番コウエイアンカ

園田チャレンジカップの豪快な追い込みが印象に残っています。前がバタバタ、後ろもそれなりに追いかける展開になれば、ためにためたこの馬が突っ込んでくる気がします。笠松のほうがそのだより直線が長そうですし、コーナーもゆるそうですし、園田よりさらに追い込みやすそうです。

 

対抗に7番タイセイサクセサー

地元の馬を対抗にします。

コウエイアンカほど後ろでなければ、番手の位置から勝ち馬が出るだろうということでこの馬にします。

アザワクとコパノフィーリングをほったらかして自分のペースで行けば、後ろを押さえられそうです。

前走、転入初戦を勝って勢いに乗ってきます。他地区のほうが力は上位な気もしますが、ここは地元、しっかりと意地を見せてほしいところです。ジョッキーに岡部を配しているところに勝負気配を感じます。

 

3番手に8番メイソンジュニア

名古屋に来てから重賞で勝ちきれませんが馬券には来ています。手堅く差してくるので馬券に入れておきたいですね。

 

4番手に6番トミケンシャイリ

初めての古馬との重賞でいきなり全国交流で好メンバー。楽ではないですが、力はありそうです。イグナイターを倒しているんですから。

逃げが得意ですがこのメンバーでは行けなさそう。諦めて引くと思います。

その引いたところでチャンスが生まれませんか。前がバタつけば差しのチャンスが生まれませんかね。

 

とにかくアザワクとコパノフィーリングが3コーナーで後退、変わって上がってくる馬が残るのか、更に後ろから届くのか。

決め打ちきれず両面にらみの印になりましたが、どうでしょう。

コウエイアンカ、ダノングッド、メイソンジュニアで後方勢に固めたほうが良かったのか。

 

f:id:umagohan:20191121170034j:plain