子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/12/31 大井10R 東京2歳優駿牝馬 予想

年末に当たらずに大晦日までやってきてしまいました。

今日は全ての開催場で重賞開催という、年末最後の大一番。

ここも外してミッドナイト競輪の西武園に駆け込まなくていいように、しっかりと当てていきたいところです。

あーーー佐藤慎太郎と脇本が逆やったらなぁ

ということで、まずは地元南関東の大井競馬から。年末最後の重賞は東京2歳優駿牝馬。他地区の重賞勝ち馬か、地元の生え抜きの馬か、どちらをとりましょうか、予想です。

 

本命は16番レイチェルウーズ

船橋で3連勝の負け無しでここに出てきます。

南関東のホームページでは重賞分析というページがあり、過去5年の掲示板に乗った馬の2走前までを確認できるのですが、勝ち馬に関してはすべて前走が重賞。

ここ5年はローレル賞の勝ち馬が3勝、2着1回、3着1回と完璧に馬券に絡んできている状況で、これはもうブロンディーヴァしかないやろと。

しかもこのブロンディーヴァ、新馬戦で北海道2歳優駿の2着馬の安倍人ドリームに買っています。ますます強そう。そういうところなのに本命は違う馬。

ヘニーヒューズ産駒は期待していますし、ここ3戦、しっかり突き放して圧勝、この内容を評価しました。

16頭立てと多頭数になり大外枠ということで不利な要素しか見当たりませんが、それを跳ね返す力はあると考えました。

2017年のKEIRINグランプリの平塚。新田祐大が8番手に置かれたときに実況が「劣勢を盛り返すだけのスピードはある」と言っていましたが、同じような逸材やと、このレイチェルウーズに対しては思っています。

まぁ新田は3着まででしたが・・・

 

対抗に1番テーオーブルベリー

前走のラブミーチャン記念では前を取っていい競馬でした。

門別では今ひとつでしたが園田、笠松と遠征をして結果を残しました。

ハナをとって自分のペースで行ければ残れるのではないでしょうか。

 

3番手に6番ミステリーベルン

門別の内回りの重賞を勝っているのは強みだと思います。直線を向くあたりで前を捉えてしっかり後ろを抑え込みました。いい競馬でした。

あのときのように走れるのなら、馬券に絡み、いや、アタマまで。

 

4番手に14番リヴェールブリス

ここ最近はだめですが、ブリーダーズゴールドジュニアカップで3着もありますし、中央でも3着があります。

力はありそうなので、夏頃の力を取り戻し、南関東2戦目で慣れてくれば一発ありませんかね。

 

 

 

 

f:id:umagohan:20180606200553j:plain