子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/03/20 大井11R 京浜盃 予想

南関東の牡馬クラシックすべてのレースが行われる大井の外回りコース。このコースを使った前哨戦、京浜盃がいよいよ行われます。

京浜盃は1700m、三冠戦線の一冠目の羽田盃が1800mで二冠目三冠目の東京ダービーとジャパンダートダービーは2000mで行われます。距離は違えど、同じ外回りコース、後の三冠に繋がります。

南関東のホームページで過去5年の成績を確認できますが

2018年 ヤマノファイト 羽田盃1着

2017年 ヒガシウィルウィン 東京ダービー、ジャパンダートダービー1着

2016年 タービランス 羽田盃1着

2015年 オウマタイム 1.7差の圧勝「オウマタイムの時間だ!!」の名実況が飛び出すも、三冠ではさっぱり

2014年 ハッピースプリント 羽田盃、東京ダービー1着 JDDはハナ差でカゼノコの2着

かなり三冠で活躍しています。

オウマタイムは手のつけられない大差圧勝だったのですが、その後2年間は勝ち星がなく。あそこですべてを出し切ってしまったのかもしれません。

これから予想していきますが、当たるにせよ外れるにせよ、今後注目していくべき馬です。

圧勝したら、逆に疑いましょうか。

 

では、予想です。

   

本命は4番グラビテーション

これは前日火曜日の夜に書いていて、南関東は前日発売がありオッズが確認できますが

なんと、単勝人気が二頭並んだシンガリ人気の一角。90.9倍。

鎌倉記念3着、ハイセイコー記念3着の馬が、雲取賞でコケただけでここまで人気をなくしますか。

今回は前に行く馬がそれなりにいてペースが上がると考えました、そうなると差し馬、追い込み馬が有利なはず。

一回叩いて差し脚のキレが戻ってくるはずです。

ここまで重賞で勝っていない、おまけに前走大敗、心配な点は多いですが、ここは一発追い込みに期待します。今度は追い込みが届くはず。

 

対抗に8番のアギト

前走の雲取省のことを考えると、本命のグラビテーションより信頼できそうです。

重賞は平和賞、ニューイヤーカップ、雲取賞と3回走って5着5着4着。掲示板の下の方まで追い込んで来ています。

そろそろ追い込みが届いてもいいのではないでしょうか。

 

3番手に13番のウィンターフェル

正式に北海道2歳優駿の成績は2着に修正されていますね。昨秋、競馬界を揺るがせた世紀の誤審に巻き込まれた馬がいよいよ南関東所属で走ります。

昨冬12月の全日本2歳優駿以来の実戦、どこまでカンが戻っているかわかりませんが、G1で地方馬最先着の実力を見せてほしいところです。

前日の一番人気はこの馬なんですね。

 

4番手に11番のジョーパイロライト

南関東に来て2戦2勝、門別時代には夏のブリーダーズゴールドジュニアカップ(H1)で3着。いいレースをしていました。

連勝の勢いに乗ってここでいいレースをしてくれませんかねえ。

 

あとは、買う買わないかで迷っているのが

ハイセイコー記念以来の休み明けで息が上がったりしないか心配でしょうがない、実力はありそうな差し馬のシビックヴァーゴと

ニューイヤーカップ以来2センとも惨敗ですが、復活を期待しているマイコート

 

この2頭は配当が付きそうなので買いたいし、でも、資金がそこまで余裕があるかわからず買いにくいし。。。

とりあえず、4番手までは買います。