子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/03/03 中山11R 弥生賞 予想

牡馬クラシックの前哨戦がはじまりました。まずは本番の皐月賞と同じコースの弥生賞。

メンバーを見渡すと、

デビュー2連勝中、京成杯勝ち馬、マルセリーナの子どものラストドラフト。ルメールから乗り替わりで田辺。

重賞2勝、G1で3着のニシノデイジー。

ワグネリアンの全弟、2→1→3→1→今回 今回は負ける順番??のカントル。

京都2歳ステークス2着、G1ホープフルステークス5着のブレイキングドーン。

岡田繁幸オーナー期待の地方から参戦、ナイママ。札幌2歳ステークス2着の実績あり。

良いメンバーではないでしょうか。しかし、少頭数ですね。では、予想です。

   

 

本命の8番ブレイキングドーン

前走のホープフルステークスでは3コーナーから動いていくも直線は脚が上がったよう。さらに隣と隙間があり、サートゥルナーリアに割られて抜け出されることで悪目立ち。

同じコースでだめだったので今回もあかんかもしれませんが、もしペースが上がって、あそこまで外をまくりあげるのに体力を使う展開にならなければ、しっかりと最後まで伸びる気がしました。

 

対抗に4番サトノラディウス

強そうに感じています。ただ、外をまくりあげていくと外に飛んでいく癖??傾向があるようです。

前に行ってくれれば良い加速のまんま直線に向いて残りそう。

前に行くならという条件付きで来そうなので。名手武豊、前に行くんちゃうかなと。なんやったらラストドラフトを押さえてハナまであるんちゃうかなと。

そうなるとこの馬はなかなか手ごわいですよ。じわじわじわじわ伸びてそうですから。

 

3番手に2番ニシノデイジー

相手なりに走って結果的に勝っている重賞での成績を見ると、期待したくなります。

前走のホープフルは遅い展開で内にいた結果、3,4コーナーの勝負どころで前に行く場所がなく、外からどんどんまくりあげられていった結果位置を悪くしました。

最後は伸びてはいましたが間に合わず。

今回はしっかり伸びるように組み立ててくれると思っています。

 

4番手に1番ラストドラフト

前の方につけて直線押し切る。強い競馬をしています。このコースの京成杯でもいい競馬をしている。逆らう理由がない気もします。

ここまで人気なら、そしてきついマークに合うのなら、少し評価を落とそうかと考えてこの印です。