子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/08/22 川崎11R スパーキングサマーカップ 予想

ハチャメチャな日程になっている南関東の重賞を予想します。週の半ばでコロコロ変わるのはやっぱり慣れません。

今週の後半は水木金と川崎で3日間開催。開催メインはマイルの重賞スパーキングサマーカップです。

ここ2年連続1番人気の逃げ切り勝ち、その前は2年連続2番人気の逃げ切り勝ち。逃げ切りが強いのか人気馬が強いのかどうなんでしょう。

人気になるのは誰なんでしょう、転入初戦を勝ったザイディックメアなのか交流重賞勝ち馬のラーゴブルーか。

逃げるのは、ここのところ逃げてるロイヤルパンプなのか長距離重賞で逃げ切っているシュテルングランツなのか。

予想どうしようかな・・・・

   

本命は9番のロイヤルパンプ

人気はどんなもんかわかりませんが、今年も逃げ切り勝ちだろうと。そして逃げるのはこの馬だろうという想定です。

シュテルングランツも行く気になれば行けるかと思いましたが、長距離の逃げ馬とマイルあたりで逃げてきた馬とでは速さが違うんかなと。やっぱり短いところでやってきた馬のほうが前に行けそうだと思っています。

ということでロイヤルパンプがハナを叩いて番手にシュテルングランツ、その後ろにザイディックメア、ラーゴブルー、ディアデルレイあたりが続く隊列とみました。

シュテルングランツの位置が下がると、番手の3頭がロイヤルパンプに競りかけてしまうのできつくなるので、なんとか的場に2番手をとってもらいたい。

シュテルングランツが2番手で自分の逃げ込みを図り、車間を開けながら追い出しを我慢すればきついコーナーの川崎、後ろの加速がつくのが遅れて逃げ込みを図れる。そう考えての本命です。

条件がしんどいですね。

 

対抗に4番トキノパイレーツ

森下おじいちゃんじゃなくて町田なんですね。森下にこの馬で勝っていってもらって、的場が最年長勝利記録を追いかけていく展開になることを期待していましたが・・・

この馬の対抗の理由は、向こう正面半ばからのまくり追い込みの勢いです。

3,4コーナのきついカーブもグイグイ追い込んでいるイメージがあります。

前がやり合う展開になるなら、その追い込み能力で一気に前を捉えるシーンもあるかと思い対抗です。

 

3番手に3番ラーゴブルー

逃げ馬であろうロイヤルパンプがずっとプレッシャーを受け続け、しまいが甘くなるなら、この馬の出番です。

3コーナー入口あたりで番手から発進、まくりきって直線で粘り込み。あるいは4コーナーを加速しながら回って外に持ち出し、ロイヤルパンプを捉える。

そんな展開で浮上しそうだと思って印を打ちました。

三連単のアタマではなく馬連で買おうかな。

交流重賞勝ってるし、それなりに人気するんやろな

 

4番手に7番ソッサスブレイ

東京湾カップでは前の方から抜け出したりしていましたがここ最近はもう追い込みに徹しています。

前がバタついたところで浮上してくる可能性を見て印を回します。

川崎に初登場。船橋のスパイラルカーブと違って川崎は急カーブ、曲がりながら加速が難しいような気もしますが果たしてどうでしょう。直線だけで、どこまで突っ込んできますか。