子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

2022/10/01 中京11R シリウスステークス 予想

2022年の上半期が終わって下半期へ。上半期はいろいろあったし忙しかったので下半期がいいものになるように初日から当てたいもの。日曜日のG1の前に、スプリンターズと凱旋門賞というダブルG1の前に軍資金を稼がねばなりません。

まずはG3のシリウスステークス、ダートの1900mのレースで当てないといけません。

昨年の勝ち馬のサンライズホープがいます、3歳からは藤岡兄から横山父に乗り代わったハピ、横山父が乗っていた追い込み馬のハセドンに鮫島弟が乗っています。

盛岡で重賞を勝ってきたバーデンヴァイラーもいますがトップハンデはここのところ調子を落とし気味?のオーヴェルニュの58kgとなっていて、自分にはわからんだけで実はオーヴェルニュは好調なんじゃないかと思ったりします。

混戦メンバーのハンデ戦、どうしましょうか、予想です。

 

本命は12番バーデンヴァイラー

JBCではなく本場のブリーダーズカップを勝ったマルシュロレーヌの下です、お姉ちゃんと同様にダートで力を見せています。

2走前のオープン初挑戦が重賞アンタレスステークスで、このときは15着大敗でしたが、前走の盛岡マーキュリーカップで先に抜け出していた江田のテリオスベルをきっちり差し切って重賞初制覇。

ダートに矛先を向けてから負けたのがアンタレスステークスと中京の条件戦。中京コースが苦手なのかもという懸念が少しありますが、まぁ大丈夫でしょう。

重賞を勝っているので他のリスティング勝ちの馬よりハンデを載せられてはいますが、ここは先手をとって逃げ切れるのではないかと思います。

誰かが行くのであれば番手捲りでもいいと思います。

 

対抗に3番オーヴェルニュ

中京が得意というイメージがあるので馬券に入れます。トップハンデですしここ最近は大きい着順を拾っていますが巻き返しがあるとしたらここかなと。

先行してしっかり差してくれると思っています。58kgは重賞を勝っているし大丈夫。

 

3番手に8番ハピ

JDDで馬券圏外、レパードステークスでは差しが間に合わず、と3連勝の勢いが完全に止まってしまいましたが2勝している中京コースで軽い斤量で巻き返しはありませんか。

 

4番手に6番クリノドラゴン

本命対抗に選考する馬を置きましたがヒモの3番手以降は追い込みが飛んでくるのに賭けようということでこの馬です。

ハピよりも更に遠いところから追い込んできます。

道中ほぼ最後方にいると思いますが、前がゴチャ付けばそこから届く場面もあるかもしれません。中京は急坂もありますし追い込みが届いてもいいのではないでしょうか。

 

5番手に14番ハセドン

ホウオウルーレットを沈めた東京での足は魅力です。ハマればという条件付きですがハマった場合の爆発力はクリノドラゴンとともに警戒しておさえておきます。

 

3歳馬を2頭入れていますがどちらも人気なのでできればクリノに飛んできてもらいたいところ。