子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2021/03/31 浦和11R 桜花賞 予想

いろいろあった2020年度も最終日までやってきました。競馬界の年度最後の重賞は浦和の桜花賞。グランダムジャパン3歳シーズンの第2戦です。

終わりよければ全てよし、ここを当てて締めたいところです。

 

浦和の桜花賞の過去5年の掲示板の馬の前走、二走前の成績が南関東の公式サイトで確認できるのですが、前哨戦のユングフラウ賞を勝った馬で勝ったのは5年前のモダンウーマンのみで、勝ったどころか馬券になったのもこの馬のみです。

2020年 レイチェルウーズ 5着

2019年 ポッドギル 9着

2018年 エターナルモール 8着

2017年 ステップオブダンス 5着

とにかくユングフラウ賞を勝つとなぜか崩れるこのレース。

今回はユングフラウ賞を勝ったウワサノシブコが浦和のマイルで有利になりそうな最内枠、いかにも人気をそれなりに吸ってくれるところを切って配当を狙おうとしたのですが

疾病のため取り消し、、、、残念です。

ちなみにここ2年はユングフラウ賞2着馬が勝っています、ということで前走で連勝が止まったけど、どうにもケラススヴィアでしょうがなさそう

というところで予想です。

   

本命は3番ケラススヴィア

前走のユングフラウ賞では重い斤量を背負わされてプレッシャーを受け続ける逃げで、それでも粘って2着。強さを見せたと思います。

今回は逃げないのではないでしょうか。スマイルミュがいくのか、アイカプチーノがいくのか、レディブラウンがいくのか、わかりませんがその番手で回りそうです。

あとは4コーナーから進出してちょい差しでどうでしょう。

 

対抗に5番スマイルミュ

競馬場の達人で声優の広橋涼が馬券をとったことでおなじみのセイユウスマイルのこどもです。

逃げていい足を見せています。

ここはケラススヴィアが目標にされないように、前を早めに潰すことなく遅めのペースで進むと考えています。そうなると前にいるほうが有利。

ケラススヴィアに抜かれても、スマイルミュは残っているのではないでしょうか。

魔の桜花賞ペースではなく、スローの桜花賞ペースになって前で決まるなら。

 

3番手に9番サプルドール

前走のユングフラウ賞ではだめでしたが、浦和2回めで変わり身に期待です。

門別の重賞で馬券に絡み、東京2歳優駿牝馬で2着、力はあるはずです。門別大井とは逆周りのコースに適応すれば。

 

4番手に6番プレストレジーナ

同じ厩舎の2頭だしは人気薄から。笹川もよく馬券になっているイメージがありますし。それだけです。押さえておきたい。