子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2021/11/17 大井11R ハイセイコー記念 予想

過去5年でこのレースの勝ち馬2頭がダービー馬になっています。来年のクラシックに向けても重要な一戦ハイセイコー記念。どんなもんでしょうか、予想していきます。

ゴールドジュニアを圧勝しているママママカロニの相手探しとなるのか、他から来るのかというところで予想が分かれそうです。

ここはママママカロニが強いという視点で予想を立てます。前走の鎌倉記念の負けはまぁいろいろあったからしょうがない気がします。1500mの小回りの経験は今回の競馬にも生きる気がしています。

 

メンバーを見渡すと豪華といいますか、名門vs名門の構図ですかね。

1枠2枠と社台コーポレーション白老ファーム、社台ファームと名門の社台が並びます。オーナーはどちらも吉田家。今の日本の競馬のトップに君臨している牧場グループとオーナー家から。

3枠の強い強いママママカロニはオーナーが山口さんやから、山口ステーブルで育成されてきたのでしょう。山口ステーブルの馬が最近よく来ている気がします。アランバローズも育成してはったんじゃなかったっけ。勢いのある、そして強い馬をバンバン出してくる育成牧場。アツいですね。

 

オーナー欄を見るとエスティファーム生産のトーセンさん、ジャパンダートダービーを取ったキャッスルと、いいメンバーですね。サブノもいますね。

いいメンバーです。

 

印はこのような感じで。

本命は3番ママママカロニ

2走前のゴールドジュニアのぶっちぎりが忘れられません。

イルヴェント、ノブレスノアあたりが逃げる番手に行くのか、逃げてしまうのかわかりませんが、直線に向いてからグイグイ伸びそうです。

相当後ろに取り残されてしまう以外は内で閉じ込められたり位置取りが悪くなったとしても展開が向かなくとも、なんとかしてくれそうなので本命です。

   

対抗に2番フォラステロ

ヘニーヒューズ産駒はいい馬がいっぱい出ます。お母さんのショコラヴェリーヌにも世話になりました。習志野きらっとでしたかね。

3戦して2着1回の準パーフェクト、2走前に負けた相手は鎌倉記念の勝ち馬のシルトプレ。大井の転入初戦も勝っていて環境変化も大丈夫そう。

隣のママママカロニをぴったりマークして、最後の直線叩き合いで勝ち負けに持ち込んでくれそうです。

 

3番手に11番ミゲル

前走の平和賞、そこそこ伸びていたのです。

直線の途中で外から寄られて行き場を失ったように見受けられました。

あれがなければもう少し伸びたのではないでしょうか。そのタラレバに期待します。

 

4番手に14番サブノリョウマ

サブノジュニア、サブノクロヒョウの下です。大井の重賞を取っている馬のファミリーですから買いたいところ。

前走はデビュー戦で4秒差の圧勝をした有名なランディスシティの2着で0.1差

ランディスシティが平和賞を取り消したので物差しにしにくいですが、すごい馬なんだとしたらその2着も評価できます。

前がもつれる展開なら外からすごい末脚で飛んできてくれる、そんな期待を込めて押さえます。

2歳馬戦はあんまり後ろから飛んでくる馬を買いにくいとは思っているのですが、2走続けて好走しているので期待したいです。

 

3,2→3,2,11→3,2,11,14

てな感じでどんどん点数を増やして8点にするか

1着に3頭塗るか、直前のオッズで判断しますかね。