子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/10/01 門別12R サンライズカップ 予想

さぁ2020年度の下半期が始まります。上半期最後は船橋でトントンにして、門別の最終で単勝を取って、流れは来ています。平塚競輪では応援している千葉支部長の中村浩士が優勝したのでその勢いをもらって下半期のスタートダッシュを決めたいと思います。

仕事がひどい状況なので、せめて馬券くらいは・・・

1日は重賞が園田と名古屋と門別で。施行者も下半期を意識しているんでしょうか。それなら、全部買って、全部とってやるまでです。

順番は逆ですが、まずは門別のサンライズカップから。今年、H1に格上げになり、JBCへのステップレースだという位置づけを強く示しています。10頭立てのレース、そのうち6頭が田中淳司厩舎!!どの田中なのか予想です。。

   


本命は4番シンタロウ

前走はJRA札幌への遠征で期待したのですが、さっぱりでした。芝はあかんのかな。まぁノーカウントです。

3連勝中のノートウォージーが逃げるのでしょう。そこについていくのがサイダイゲンカイとみました。サイダイゲンカイが1200mからの距離延長ということで遠慮してペースを落とすとスローに、強気で行くとハイペースになりそうです。当たり前のことを書きました。

今回はハイペースになると見てシンタロウ本命です。

連勝中で勢いのあるノートウォージーはほったらかしにするわけに行かない。前が速そうでも、早めに捕まえに行く気がします。

そうなるとズブズブ決着になってシンタロウが最後に来る。そう見立てました。ペースが緩むと、この馬はどこさもないかもしれません。決め打ちの本命です。

 


対抗に2番トランセンデンス

ペースが落ちて前の方で決まるならこの馬と見ました。

サイダイゲンカイは距離が不安でだめになる。4コーナーでノートウォージーが抜け出したところ、番手からこのトランセンデンスが抜けてくると考えています。

1700mの重賞2つでどちらも馬券になっているのも魅力です。

 


3番手に7番シビックドライヴ

この馬も前の方、トランセンデンスと同じような位置にいると思うのです。

トランセンデンスと同じようなタイミングでスタートしてどうでしょう、トランセンデンスよりは粘れないと見ての、印がひとつ下です。

トランセンデンスには先着できひんのちゃうかな。

 


ここまでが田中淳司厩舎。人気のないところではないでしょうか。

 


4番手に3番スティールグレート

角川秀樹厩舎が2頭出していますが、おそらく人気のないほう。

ノートウォージーが引っ張って潰れると見ているのでこちら。

ブリーダーズゴールドカップ、サッポロクラシックカップと5着を連発していて今ひとつ足りない印象もありますが、ここで馬券の端っこに絡みませんか。

半分以上田中淳司ですが、一頭ぐらい違う厩舎からさ。。。出そうですやん。

オートレースの田中選抜のように、田中を買っていればそれでいいわけではない気がするのです。