子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/06/14 高知7R 高知優駿 予想

ダービーシリーズも最終盤に入ってきました。

残すは、高知と門別のレース。まだ馬券が当たっていないのでそろそろ当てたいところです。

シリーズは8レースあり、馬券を1レースでも当てればプラス収支の可能性もあり、そういう意味では、ずっと外れてても最後の最後に逆転という目はありますが、やはり数も当てたいところ。

高知は前哨戦の特別戦が大荒れになったので、大きく稼ぐチャンスやとも思います。

2歳からの既存勢力とこの春からの新興勢力が、ガラッと入れ替わっていました。これが本番でどうなるか、それが楽しみです。

 

ということで、前哨戦の山桃特別は1800mのレースでしたが

この春に転入してきたマイネルヘルツアスが圧勝。2着もJRAからの転入2戦目のユニバーサルタイム。3着にやっと重賞戦線で走っている土佐春花賞と黒潮皐月賞で2着だったフルゴリラ。

土佐春花賞勝ち馬のリワードアヴァロンは先行するも大きく崩れて4.5差の8着。いままでの1600mまでとは違うこの大敗をどう取るのか。

規制勢力が新興勢力に飲まれたのか、本番は違うのか、どうなんでしょうね。ここから100mのびた1900mのレースでますます差がつくのか、逆転なるのか。どうなんでしょうか、予想です。

   

本命は10番リワードアヴァロン

山桃特別からの逆転に期待します。

前走はハイペースになってしまって結果的に差し馬追い込み馬にやられた印象です。

今回はペースをうまく調整しながら行けるでしょう。

後ろの馬たちもつついてペースをあげようにも、そうしたら譲られて前に出されるでしょうから、そこまではしないはず。

リワードアヴァロンにいいペースで行けそうなので逆転に期待します。

 

対抗に3番アンダーザスター

大井ばかりでは知っていた馬が初めての長距離輸送でどうなのかという心配はありますが

東京湾カップ3着、東京ダービー7着のデスティネに勝ったこともありますしブラヴールから1秒差ではしれています。

小回りがどうか、長距離輸送がどうかと言っても、地方馬のトップの方にいそうな馬といいレースをしているわけですから

多少のフリは跳ね返して飛んできてもおかしくない気はしています。

ただ、地元馬に期待したく。G1で好走した地元の英雄グランシュヴァリエ産駒に期待したく、対抗です。

ダービー馬はダービー馬からという格言のようなものもあります。この馬のお父さんハタノヴァンクールはジャパンダートダービー勝ち馬ですから、ダービー馬になるのもあるんちゃうか。

 

3番手に7番エアーポケット

佐賀の九州ダービー栄城賞で2着した馬が高知のダービーにやってきました。安定感があるので、ここも堅実に来てくれそうだと期待しています。

長めの距離を中心に使われているのもいいですね。

高知の馬はマイル以上はなかなかなくて1800mが前走でやっと出てきたくらい。佐賀は長めの距離のレースも多いからこの経験の差で地元馬はやられてしまうかもしれません。

 

4番手に8番レインズパワー

高知に来てからは馬券圏内を外していません。重賞も勝っています。

皐月賞に続く2冠達成に期待したいところです。

が、やはり急な距離延長に不安でこの位置までの印です。