子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/12/16 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 予想

さぁ有馬記念まで1週間をきりました。有馬では路上で泊まるため、いい寝袋が必要です。しっかり当てないと・・・先週のジュベナイルでは穴を狙いすぎましたが、今回はまっすぐ、買いたいと思います。いや、狙ったわけではないんです。来ると思ったんです。。。

今年の朝日杯は2年ぶりに牝馬が挑戦してきます。前回のミスエルテは1バン人気を背負って4着に敗れました(もう一頭出てて、ビーカーリーは10着)。

今回のグランアレグリアは1.5倍(これを書いている時点)とあのときのミスエルテ(2.4倍)より背負っていますがどうでしょう。前走のサウジアラビアロイヤルカップを見るとえらい強さなのはわかるのですが、本領発揮となりますか。では、予想です。

   

本命は14番のファンタジスト

1400m以下しか戦っていませんが、3戦3勝で出てきます。先行抜け出し型で勝ってきました。他の有力馬も先行するだけにどこまで厳しい戦いになるかわかりませんが、前を料理したあと粘り込む力はあると思います。

ここで武豊、いよいよ全G1制覇にリーチというところを見たいです。

 

対抗に5番のマイネルサーパス

グランアレグリア、ファンタジスト、アドマイヤマーズと先行勢が人気していますが、早めに動き出す展開になったとして前がみんなバタバタ倒れる展開なら、この馬の差し脚が届くかと思って指名します。

前走、福島でレコードだったんですね。その前が騎乗停止を伴う大斜行。気性が荒いのかわかりませんが、末脚はあるわけで、どこまで伸びてきますか。

 

3番手に2番のグランアレグリア

やっぱり強そうなので。抜け出してからの突き放し方が尋常じゃないです。今回も先行していくのでしょうが、相手も強いので、消耗する戦いになったときに心配なので。

この馬の強さがわかっている以上、みんな潰しに行くことも想定されるので。

 

4番手に3番のアスターペガサス

函館で見た鋭い末脚がここでも見られるようなら、どうでしょう。前が潰れる展開でこの馬が突っ込んできませんか。