子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

2022/07/18 盛岡12R マーキュリーカップ 予想

今年は盛岡でJBCということで、前哨戦になるのかと思ったら、そこまで前哨戦感はなかったです。三連休でなければ盛岡いってみたかったのですが、新幹線も取れず宿も高いので諦めました。競馬がしこたま当たっていれば行けたのですが。

JBCはどうにかしたいですね。前は日帰りでしたが泊まってゆっくりできるように。

こどもがはやぶさとこまちの連結を見たいと言うので連れて行かないといけないですし。盛岡競馬場って公園あったっけ・・・

席を取るために始発のバスで!!というわけにもいかない。子連れはこういうときに面倒です。

ともあれ、マーキュリーを当てないとJBCの旅費が出ません。

ここまで逃げ先行の馬を集めて何がしたいんや。逃げ馬を当てればいいのか、総崩れで後ろから来る馬を狙えばいいのかよくわかりません。

とにかく予想します。

 

本命は2番テリオスベル

下総ステークス、スレイプニルステークスの逃げは強さがありました。

今回、テリオスベル、ノーヴァレンダ、メイショウカズサ、メイショウフンジンと逃げ馬がいますが、その中でも最内の馬を狙います。1コーナーまで距離もあるし急坂もあるしで逃げるのは一苦労かもしれませんが行ってしまえばどうにか。

ずっとつつかれることになるので、厳しい競馬となるかもしれませんが、そこはこなせるだけの力はあるはずです。

逆にここまで逃げ馬が揃えばペースが上がらないこともありますから。とにかく自分から動いて動いて後ろを困らせるぐらいの強い競馬に期待しています。

 

対抗に8番バーデンヴァイラー

逃げ馬たちの先行闘いを見る位置で進めるのではないでしょうか。前が潰れるならチャンスが転がり込んできそうです。

3連勝でオープン特別勝ちまで来ましたが重賞で弾き返された感のあるこの馬。まだまだ力の差があったのかもしれませんが、勝ち上がりは強かったですから。展開が無垢であろう今回はチャンスが来る気がするのです。

 

3番手に9番ケイアイパープル

前走は2着ですが、負けた相手がテーオーケインズですからしょうがない。しかし、この馬はなかなか勝たないんですよね。。。佐賀記念では勝っていますが、名古屋で2回の2着・・・

佐賀記念のように前を行く馬を見ながら4コーナーから直線に向けて進出して直線で押し切る競馬。勝ちに一番近い気もしますが2着が多いのでアタマで買いづらく印はこの位置です。

 

4番手に3番ギガキング

地方馬ならこの馬。逃げ争いに巻き込まれず、前を見ながら一気に直線で突っ込んできませんか。

地方の馬たちが相手とは言え盛岡でいい走りをしましたし、タイムはかなり詰めないといけないですが何か起きるならと期待して入れておきます。

 

テリオスベルの単勝がつくなら単勝を。三連系はどうやって買いますか、当日のオッズ次第ですね。オッズが読めない。