子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/10/27 東京11R アルテミスステークス 予想 母親から感じるなにか

ダービー馬がぶつかる天皇賞が近づいてきて、わくわくどきどきです。その前座といいますか、前日のメインは2歳牝馬によるマイル戦アルテミスステークスです。

15頭立てで2勝馬が2頭、重賞で馬券になった馬が1頭で掲示板に乗った馬が1頭という組み合わせです。過去の馬券になった馬を見るとG1馬がいますし、重賞戦線でバリバリにやっている馬もいます。今年が7回目の重賞と若いレースですが出世の登竜門となっていますね。

 

馬柱を見渡すと、お母さんやきょうだいに知っている馬がたくさん出てきます。

2枠2番グレイシア
母:クーデグレイス
最後は準オープン止まりですが、ローズステークス3着で権利をとって秋華賞で4着、このとき勝ったのはレッドディザイアで、ということはブエナビスタが降着になった年です。

 

2枠3番シェーングランツ
母:スタセリタ
フランスでG1を4勝、アメリカでG1を2勝の計6勝
姉は昨年のオークス馬ソウルスターリング。ソウルスターリングさん復活するかな・・・

 

3枠5番ミディオーサ
母:ミスエーニョ
姉はミスエルテ
母はデルマーでG1を勝っています。姉はデビュー2連勝からさっぱり・・・

 

5枠9番アフランシール
母:ルシュクル
母は準オープンまででしたが、重賞でいうとファルコンステークスで3着
姉:ブランボヌール
函館2歳ステークスとキーンランドカップで重賞2勝

スプリンタータイプなんですかね。お父さんがハーツクライになってどうなりますか。

 

6枠11番ビーチサンバ
母:フサイチエアデール
重賞4勝の馬 マイル付近が得意なイメージ、いや、でもマーメイド勝ってるなぁ・・・
きょうだいに1億円以上稼いでいる馬が3頭、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬フサイチリシャールがお兄ちゃんです。

 

なかなか豪華ですが、こんな母親、きょうだいを追い抜いていく馬が出てくるのかもしれません。

そして、調べるだけじゃなくて予想をしましょう。

   

本命は1番のトスアップ

新馬戦から挑んでくる馬を本命に取ります。前走は相手が弱かったのかもしれませんが、3コーナーから外を回してグイグイ上がっていって、あとは突き放す一方。これは強いと感じたので選びます。

東京なのでまくっていく競馬ではなくて、直線に向いてから追い出して差すことになろうかと思うので、札幌とは少し違う展開にはなりますが、やってくれるでしょう。

 

対抗に2番のグレイシア

本命にとったトスアップと似たような競馬です。外をぶん回して差し切ってくるスタイル。強さを感じます。

 

3番手に3番のシェーングランツ

この馬も前走後ろからぶっこ抜いていきました。最後、直線で粘っていた1頭を安安と交わすと突き放す一方。強い競馬でした。

他にもこのような競馬をしている馬はいますが、上の3頭は印象に残っていた、たまたまウインズかグリーンチャンネルで見ていて覚えていただけです。ただ、すごいと思った馬は選んでおきたいのでこうなります。

6番のレディードリー、8番のエールヴォアなんかもすごかったですが。

 

4番手に9番のアフランシール

前走はジェットスキー岩田が発動していたので、相当かかっていたのでしょう。最後はなんとかなだれ込んでの5着。今回、折り合いがちゃんとすればもしかしたら、ためてためて爆発するかもしれないと考えて印を回します。

 

あと、迷って回さなかった12番のアズマヘリテージをどうするか。タイムは遅い。でもお父さんは東京大好きトーセンジョーダン。うーん。。。どうしよう、直前まで3着に入れるか迷いそうです。