子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/04/10 大井11R 東京スプリント 予想

新年度から大井競馬場はナイター開催。重賞が2つで火曜日がブリリアントカップ、水曜日が東京スプリント交流G3。

火曜日のブリリアントカップはタービランスに期待しすぎて惜しい結果に。その借りはすぐに水曜日に返す。そう、この東京スプリントで。

16頭立ての1200m戦で中央から5頭、地方から11頭(南関東10頭、園田から1頭)の馬達が争います。

メンバーを見ていると、上がり馬の若手中央馬vs実績のある地方馬というところでしょうか。

中央馬5頭を見てみると、強そうですね。内枠からいきましょう。

アシャカダイキ

1200mで全5勝をあげているスプリンタータイプ。脚質は差しから追い込み。中山で4勝ということで坂に強い。ということはパワータイプで力のいる地方のダートは合う??

 

コパノキッキング

中央で重賞2勝。藤田菜七子がフェブラリーステークスに続いて継続騎乗で注目を集めています。実績は十分、ここで藤田菜七子の重賞初制覇と期待もかかります。

勝てばスポーツ新聞は盛り上がるでしょうねえ。

脚質はよくわかりません。デビュー当初は逃げていましたが追い込んでみたり差したりいろいろしています。村山調教師の作戦次第か。

 

ヒロシゲゴールド

逃げるようにしてから4戦好走を続け、ここのところ3連勝。勢いはあります。

武豊が騎乗。うまくペースをコントロールできますか。

 

ホウショウナウ

馬券圏外はユニコーンステークスの1回だけ、安定した成績です。

差し追い込みタイプですが堅実に突っ込んできます。

 

テーオーヘリオス

北海道スプリントカップで岩手の雄ラブバレットが掴みかけた重賞タイトルをすんでのところでかっさらったイメージが強いです。

番手からちょっと差す感じの競馬をしています。ただ前走の高知の交流重賞では地方馬2頭、エイシンバランサー、サクラレグナムに先着を許していて調子に不安

 

地方馬もすごいです。

このコースで交流重賞を2勝、2着1回と得意にしているキタサンミカヅキ

まぁこの馬だけでしょうか、対抗できる実績は。

あとは、2年前に交流重賞で馬券に絡んでいるショコラブラン

さきたま杯3着のあるアンサンブルライフ

 このメンバーでどうなりますか、予想です。

   

本命は7番ヒロシゲゴールド

月曜日火曜日と見ていると差し追い込みはなかなか決まらず、前で残っているイメージがあるので。

そういう馬場傾向であるならば、間違いなく逃げに行くであろうこの馬から。

内のコパノキッキングが死ぬ気で行って、この馬が引いたときにどうなるかはわかりません。

引かずに行ってほしいところ。

 

対抗に6番コパノキッキング

逃げか追い込みかどうなんでしょう。実績は十分、あとは戦法が気になります。ある程度前に行かないと。でも行くとユタカさんが競りかけます。

あと、重馬場のレースで負けているのも気になりますね。重馬場が嫌いなんて事があるのかわかりませんが、嫌いなら明日は大雨の予報。大丈夫でしょうか。

そんな心配から対抗です。

アメリカ目指してここは軽く勝ち上がってもらいたい気もしますが、1番人気、心配なら評価は下げたいなという感情が湧いたので対抗です。

 

3番手に8番キタサンミカヅキ

このコースで安定した実績があります。そこまで番手が後ろになることはないでしょうから、差し届くか届かないかのところまで行けそうです。

前がタレればアタマまでありそう。

武豊はマテラスカイをこのコースで失速させているので、チャンスはありますよ。

本命の武豊をなんでここで落とすのか、よくわかりませんが、チャンスあります。

 

4番手に5番アシャカダイキ

追い込みでホウショウナウとアシャカダイキと迷ってこちらを。

中山の持ちタイムもホウショウナウのほうが上、ジョッキーもミルコデムーロのほうが買いやすい。でも少し荒れると踏んでこちらを。

ホウショウまで来たらもう堅すぎて、それは困るという希望です。少しアシャカにかき回してもらいたい。