子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2021/03/24 大井11R 京浜盃 予想

大井競馬の2020年度最後の開催メインは3歳クラシックの前哨戦にあたる京浜盃。後の羽田盃やダービーで活躍する馬を輩出している重賞です。

いつも好メンバーが集結するレースではありますが、今年はいつにもまして好メンバーです。

G1で圧勝した馬に、各地の重賞を勝った馬、連対した馬が揃っています。このメンバーをどう料理していきましょうか、予想です。

 

本命は2番アランバローズ

外回りの1700mという距離をこなせるのか、その先の1800mの羽田盃、2000mのダービーと距離がもつのか心配になる快速馬。今回も逃げて逃げ切ると見ました。

2走前のハイセイコー記念では逃げずに番手の競馬もできていましたが、逃げるのではないでしょうか。

   

対抗に9番マカベウス

ハイセイコー記念以来の4ヶ月の休み明けですが、期待したいです。

アランバローズに距離の不安があるのもそうですが、アランバローズのペースに皆がついていけなくなり、ハナ争いをしていた馬、番手の馬が伸びずにどんどん脱落していく展開になると考えています。

そうすると後方待機のこの馬が飛び込んでくる展開はないでしょうか。

ゴールドジュニアの着差をもっと詰めるところまで考えたいです。逆転までみたら配当はつくけど、そこまでは無理かもしれません。

 

3番手に6番トランセンデンス

浦和のニューイヤーカップの勝ち馬をここに置きます。

マカベウスと同じ理由です。差し追い込みの馬に向く展開になるのなら、この馬も候補になります。

門別のJBC2歳優駿の切れ味もありましたし、ニューイヤーカップも良い差しがハマりました。

距離が変わりますが、前走で大井の外回りを経験しているのもプラスに働くと思います。差し追い込みの展開になってくれれば。

 

4番手に10番セイカメテオポリス

鎌倉記念からの休み明けとなりますが、追い込みに期待しているのでこの馬も買いたいです。

ゴールドジュニアではアランバローズに負けていますがここでどうでしょう。

 

アランバローズが負けたときの連勝単式系の馬券の配当が跳ねるのでしょうが

難しそうですね……