子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

20222/07/28 門別12R ブリーダーズゴールドジュニアカップ 予想

門別は2歳馬の重賞が行われます。2歳重賞唯一のH1格付けのブリーダーズゴールドジュニアカップ。1700mのレースです。

世代最初の重賞の栄冠賞が最低人気の馬が最後に飛んできたことによってとんでもない馬券になったのでもう何も信じられません。

理由はいくらでもどの馬にもつけられる気がしますが、その中でも当たりそうなもので予想します。当たり前です。

 

本命は2番グロリアヴェルデ

前走で大きく負けていますが、それは気持ちが入りすぎてかかったからとのこと。

今回もかかってしまう懸念はありますが、そこを乗り越えられれば。

周りにそこまで前に行こうとする馬もいないでしょうから自分のペースで行ってハナに行きたい馬には行かせてうまく番手にハマれそうです。

あとは前をカットされたり、思いの外ペースが遅くて、我慢させられているうちにかかる。なんてことはあるかもしれませんが、ペースはそこまで遅くならないでしょうし、前をカットされるかどうかは運の問題。とにかくかからずに行けば、新馬で1700mを勝っているわけですし、距離不安のないこの馬がいい感じで行ってくれそうです。

1700mの新馬を気にするならフレッシュじゃなくスーパーフレッシュを勝っているディオスメッセージのほうが強気に本命に指名できそうですが、栄冠賞が気になります。

勝ったコルドゥアンの近くにいたのにそこまで伸びなかったのが。

距離のせいも合ったのかもしれません。たぶん人気するでしょう。人気する馬からわざわざ行くこともないので本命はグロリアヴェルデ。

ゴールドアクター産駒ですから長めの距離はいいでしょう。

 

対抗に4番コルドゥアン

栄冠賞で400万近い配当になった馬券に貢献したのはこの馬です。最後方からのものすごい追い込みでした。短期の移籍できている石堂が来たその日におお仕事をやってのけるとは。実況がうまいだけじゃないんですね。岸根さんより実況はうまい気がします。(ごめんなさい)

すごい追い込みやなぁ思って父親を見るとプレティオラス。

東京大賞典で一瞬来たと実況穴に思わせたプレティオラス。

プレティオラスらしい競馬ですよね、後方から一気にまとめて前を飲み込む追い込み。門別も大井と似ていますから、最後の直線は弾けやすいのかもしれません。

父親は東京ダービーを勝ったし、東京記念を勝っている、長い距離で活躍した馬ですから、距離が伸びても大丈夫なはず。

とにかく気持ちをもたせて直線に向けば、またあの豪快な追い込みが見られるはず。

ここも制して、南関東でダービー馬を目指すのも面白いかもしれません。血のドラマですね。

 

3番手に3番ベルピット

前走で1700mのレースをきっちり勝ちきっているのがいいですね。行かせる馬を行かせて最後は差してくる。そんな王道な競馬をしてくれるのでしょう。

負けてないのはいいことです。

 

4番手に11番ユーアオンフリーク

インカンテーション産駒ですから活躍した距離を考えると1700mはいいはず。

2戦目なので素性はわかりませんが、前走で逃げ馬の横をずっと押して押してついていって、3コーナー過ぎからムチももらって外を回らされて

しんどい競馬だったように思えますが、最後は内の馬を競り落として勝った、その根性はいいものがあるはず。競り合いになればのびてきそうなので入れておきます。

競ったら勝ってくる。そんなタイプに見えました。