子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/06/10 関東オークス 予想

ダービーシリーズでやっと本命が1着に来たもののハズレ・・・もうどうしようもない状態ですが

ダービーはここでいったんおやすみ。オークスです。

南関東牝馬三冠路線の最終戦は中央との交流重賞、関東オークス。2100mのレースです。

潰しあえば追い込みが決まり、ペースが落ちに落ちれば前で決まり。難しいですね。

スタートして3,4コーナーを回して1周目のホームストレート、ここが勝負の分かれ目でしょう。

セランが気持ちよく行ってペースが極端に落ちない、バテあいのレースになると見て予想します。

 

まずは交流重賞なので参戦する中央馬を見ていきますと

セランはダートで2勝。ドバイのUAEオークスで3着と海外でも活躍しています。3歳春から厳しい経験を積んでいます。前の方に行く、逃げての安定感に期待。

レーヌブランシュもダートで2勝。2連勝の後、オープン特別で2連敗と少し足りない感じ。ただ、1800mばかり使われていて距離不安はなさそう。ここ2戦は後ろからの競馬ですが、京都のもちの木賞では番手で回っています。今回はどうしますか。

クリスティは芝の重賞で掲示板に載るいい競馬をしています。今回は初ダートでどうでしょう。キズナ産駒はキメラヴェリテが交流重賞を制覇しています。そのあとそばの若葉ステークスでもいい競馬をしました。両方こなしています。この馬はどうでしょう。母父クロフネはダートでもいけそう。

アールクインダムも初ダートです。芝では特に目立った成績はありませんが、○→×→○→×ときているので今回は○のパターンかも・・・

まぁしかしパッとしない中央勢。対して南関東牝馬二冠を制して三冠目に挑むアクアリーブルを筆頭に粒ぞろいの南関東チームがどう挑みますか。

やはりアクアリーブルは注目を集めそうですね。お母さんは浦和の桜花賞を走っていませんで、東京プリンセス賞と、この関東オークスを勝っている二冠馬のアスカリーブル。

お母さんの勝った舞台でチャームアスリープ以来の牝馬三冠達成なりますか、予想です。

   

本命は9番セラン

すいません、牝馬三冠の可能性は低いやろうと見ました。

逃げ馬なのでマークされる厳しさはありますが、なんとかしてくれると信じます。

UAEオークスでは番手から伸びずに負けていることから今回は逃げて呉竹賞のようにするでしょう。

UAEオークスでは前がペースアップしたところでついていけず、いったん置かれる形になり、さらに内から抜かれ4番手に落ちましたが、そこから差しかえして3着確保。並ばれてから抜かせない根性はありそうです。

ドバイ帰りが心配ですが、体調が良ければ。

 

対抗に11番アクアリーブル

セランを抜きにかかってそこから粘られ負けてしまうと想定してこの位置です。

ただ強いですから、能力で抜き去ってしまうかもしれません。

三冠の期待はかけていますが、セランがなぁ。。。向こうはドバイ帰りやしその面でもチャンスではあるんやけど

 

3番手に14番レイチェルウーズ

2歳牝馬チャンピオンの3戦ぶりの勝利に期待しています。強力な末脚を発揮できる展開になれば、前を飲み込んであっさりまで。

 

4番手に13番テーオーブルベリー

セランの番手になるのでしょうか、下げるのでしょうか、わかりませんがどこからでも競馬ができます。

前に行っては粘り込み、後ろからなら園田のような一瞬の強烈な切れ味で飛んできます。

どこからでも競馬ができる安心感から買います。

 

5番手に3番ミリミリ

とんでもなくペースが上がりズブズブの中のズブズブみたいになったときに

上がり最速でとんでもない追い込みを見せてくれることに期待しています。

末脚は強烈です。

 

この5頭で馬券はどうしよう。

初ダートは切り、レーヌブランシュも切ったからそこそこ配当はつくと思うんやけど・・・

火曜日の川崎は▲→○で決まったのにこの組み合わせは持っておらず5000円の馬連を取り逃したので

今回は手広く行って拾いたいところです。