子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/1/30 川崎11R 川崎記念 予想

2019年がはじまって1ヶ月。プライベートも仕事もいろいろあり、このブログをなかなか更新できず、更新しても当たらず。苦しい戦いが続いていますが、それもこの川崎記念で終わりにしましょう。

出走馬の過半数が中央馬というレースになっています。楽天競馬さんが金子のおっちゃんを呼んだ予想番組を配信する前に、まずは私の予想を出しましょう。

さぁみんなと違うのか、同じなのか楽しみです。

では、川崎記念の予想です。

 

出走予定頭数は11頭、中央から6頭、地方は5頭で南関東が2頭で東海地区から3頭。南関東、逃げましたねえ。

地方はもうないでしょう。南関東はB2とA2ですし、笠松の2頭は地元のA級で勝ちきれない。名古屋のアサクサポイントは前走の北國王冠で勝つなど長距離は得意ですが、この相手では・・・

中央馬の戦いですねここは。6頭のうち4頭に印を回しました。

   

本命は2番のケイティブレイブ

昨年のこのレースの勝ち馬を本命にとります。2年前の勝ち馬オールブラッシュがいて、そのオールブラッシュは前走の浦和記念で圧勝。気になるところではありますが、ここはケイティ。

内から先手を取れれば最高ですが、まぁコパノチャーリーが死ぬ気でハナを取りに来るか、サルサディオーネが行ってその番手、最終コーナーからからまくっていくイメージです。

番手まわりは2年前の敗戦を予感させますが、どうでしょう。最近差しているので、大丈夫のはず。

 

対抗に9番のサルサディオーネ

先手を取りきってしまって残る可能性を考えました。昨年のエンプレス杯でこのコースは経験済み。あのときは残れませんでしたが、今回うまくいけば。

 

3番手に5番のアポロケンタッキー

前走の東京大賞典、逃げるスーパーステションをつつく2番手につけました。結果は逃げたスーパーステションを捕まえられずにずるずる後退して10着。やる気が無いのかもしれませんが、前走の先行で心に火が付けばもう一度輝きますか。

昨年の2着馬ということで、コースは大丈夫、気持ちをなんとかのせてくれ。

 

4番手に6番のミツバ

前走の名古屋グランプリでは勝ったかと思ったところチュウワウィザードにやられました。相手はトップクラスの馬、接戦できているこの馬もまだまだ力はあります。

あんまり後ろにならないようにさえすれば、馬券圏内には来てくれる気がしています。