子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2019/06/12 川崎11R 関東オークス 予想

各地のダービーを外していっています。エムエスクイーンは強かった。負けが混んでいる今日このごろ、そろそろ当てたいところ。3歳にやられたぶんは3歳に返してもらいたいところ。南関東の牝馬三冠の最終戦、交流G2の関東オークスを予想します。

2100mのコースでどんな戦いになりますか。

中央からは4頭が参戦してきます。

オープン特別の鳳雛ステークスを勝っているマドラスチェックはダートに転向して2戦2勝、底を見せていません。鳳雛ステークスはいい粘り腰でした。並ばれてから抜かせません。

大外に入ったラインカリーナは掲示板を外さない安定感があります。前走はデアフルーグの3着。武藤親子のコンビで出てきます。

9番のローザノワールは前走の京都のダート1800m戦で圧勝。馬場状態は違うのでしょうが、同じ距離の鳳雛ステークスを勝ったマドラスチェックより1秒7も速いタイムで走破しました。

あとは8番のエリーバラード。菊沢親子が挑んできます。勝ったのは佐賀の重賞。そこでも僅差ということで、あまり買える要素はないなぁと思っています。

以上が中央馬。続いて地方馬を見ていきます。

   

地方からは地元南関東のトーセンガーネットが筆頭でしょう。南関東牝馬二冠を制覇。三冠馬へという期待がかかります。

東京プリンセス賞はトーセンガーネットを含め上位3頭が出てきますね。2着のアークヴィグラスは交流重賞勝ちの経験もあります。ジョッキーは南関東トップの森。いい雰囲気です。3着のリトミックグルーヴは上がり馬でどうでしょうか。

過去5年で見ると、地方からは1頭は最低でも馬券に絡んでいます。地方馬が今年も馬券に絡む想定で考えていきます。

 

本命は13番マドラスチェック

オープン特別を勝っているということで中央場の中では格上かと考えられます。

前走の並ばれてからの粘りも良かったです。抜かせない走りをここでも見せてくれれば。

川崎は急カーブでそこまで追い込みがきかないコースということで、位置取りが後ろ過ぎないというのもいいことです。番手捲りでどうでしょう。

 

対抗に14番ラインカリーナ

大外からどこまでこれますか。マドラスチェックを見る形で競馬をするとして、差せるか差せないかという勝負になると見ました。

マドラスチェックのいい粘りがあるので、抜くのはなかなか難しいと見て対抗です。

 

3番手に6番トーセンガーネット

地方の最有力はこの馬でしょう。桜花賞と東京プリンセス賞は圧勝でした。南関東の馬にこの馬は抜けない気はしています。

あとは中央場相手にどこまで食い込めるか。

ローザノワール、マドラスチェック、ラインカリーナ、地方のアークヴィグラスあたりが前にいるんですかね。それをどう料理するか楽しみです。アスカリーブル以来の地方馬の優勝もあるかもしれないと期待しています。

 

4番手に11番アブソルートクイン

川崎は追い込みのきかないコースですが、前がしんどいペースに苦戦して伸びあぐねていれば、ためていたこの馬が突っ込んでくるかもしれない。そう期待しての印です。

前が早くなればついていかないでしょうから足はたまりそう。

前走が同じレースのキタサンベッキーも気になりましたが、追い込みを期待するにしても更に後ろのこの馬では後ろすぎるのではないかと考え狙いたいと考えました。

キタサンがぶっ飛んてきたらもう涙目です

 

さぁ関東オークスどうなりますか。

好タイムで京都1800mを走ったローザノワールを切ったことがどう出ますか。

若手の武藤より、ベテランの幸を買ったほうが良かったのかもしれません。