子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2020/09/29 金沢11R 白山大賞典 予想

金沢行きたいですねえ。夏休み取ればよかった

さぁ今週は交流重賞2連発。上半期最後の2日でしっかりお金を増やしたいところです。

まずは金沢の白山大賞典。来年のJBCクラシックと同じ2100mで争われます。来年は金沢にJBCを見に行くぞと体に覚え込ますために、無理やり言います。JBCと同じやぞと。来年のやけど。

メンバーを見渡すと、真夏の盛岡でマーキュリーカップを勝ったマスターフェンサーに、そのマスターフェンサーに2100mのレースで2戦続けて勝っているエルデュクラージュ。

中央未勝利から南関東に転入してメキメキ力をつけて、中央に帰ってきてから4連勝でオープンまで駆け上がってきたロードレガリスは白山大賞典2連勝中の野中賢二厩舎。

畑端省吾で馬券圏内まで惜しいところに突っ込んでくるヒストリーメイカーに、重賞2勝のロードゴラッソ。

ここまでが中央馬で、地方もいいメンバーです。

地方転入初戦の大井でえらいぶっちぎったホーリーブレイズは逃げるのか、中央のときのように差しに回るのか、どう出ますか。

昨年秋、3歳で道営記念を勝ったリンノレジェンドは持ち味の逃げを、この中央馬たちを相手に見せるのか。楽しみです。

このあたりのメンバーにどうやって印を回して馬券を買いましょうか。予想です。

   


本命は5番ロードレガリス

前走の平安ステークスで連勝ストップ。重賞の壁にぶち当たった気もしますが、ここは立て直してくると信じます。

このレース、グリムで連覇している野中賢二厩舎が送り込む安心感。三連覇ある気がします。

レースの展開の想定はリンノレジェンドがハナを叩いてしまい、地方馬ですから展開はスローに。2周目の向こう正面あたりからたまらず後ろから動き出すと見ます。

中央馬で一番前にいそうなエルデュクラージュはここのところ連勝中ということで、スローで行くと押し切られそうで怖い。そう考えた後ろのマスターフェンサーが早めに先まくりを放ちまくりにいこうとします。しかしエルデュクラージュが抵抗、ペースが上がっていきます。そこにホーリーブレイズも乗る。ここでリンノレジェンドが脱落。

ホールーブレイズもついていけずに、エルデュとマスターの2頭がぐんぐん伸びていくところ、満を持してヒストリーメイカー、ロードゴラッソが発進。4コーナーあたりで一気に4頭が団子に。

その4コーナー手前から、存在感のなかったロードレガリスが発進。

最後の直線は早めにまくりに来られてしんどくなったエルデュクラージュが先に脱落、マスターフェンサーが振り切りにかかるところ、ロードゴラッソ、ヒストリーメイカーも襲いかかるが脚色は似たようなものに。

そこにすごい勢いでロードレガリスが飛んできてゴールイン。

ということで、ロードレガリスが早めに動いた各馬をまとめてまくる想定です。イメージは地元金沢のフジヤマブシのレース。

最後に大外を飛んできます。

ルメールのエルデュクラージュが番手でできるだけペースを落として残ろうとするはずですが、そうは簡単にさせないと差し馬が動くことで結果的に追い込みが届くという想定です。

さぁどうでしょう。

 


対抗は11番マスターフェンサー

2周目の向こう正面からエルデュクラージュを番手捲り。先に動いてまくるところ、エルデュクラージュに合わせられるものの、相手を内に閉じ込めることで失速させます。馬場のいい外目に出させません。

都合が良すぎますかね。

あと、最近の金沢は内を開ける流れな気がしていますがどうでしょう。

2年くらい前は最内のラチ沿い1頭分に伸びるコースがあって、そこを外した馬はどこさもないことになっていましたが、あそこまで極端ではないはず。

内より外のほうがいいはず。先に動いて長く脚を使って見せ場を作ってくれるはず。

 


3番手に8番ヒストリーメイカー

エルデュクラージュとマスターフェンサーの争いがなかなか決着せず消耗戦の叩き合いになってバテれば、この馬の台頭があると見ています。

マスターフェンサーは抜けない気もしましたし、最後にロードレガリスが届く想定なのでこの馬はヒモ扱いが妥当な気もします。

ただ、ここは畑端省吾、一世一代の騎乗で初重賞を持っていくかもしれません。

オッズ次第ですが、単勝もちょろっと。もちろん馬連馬単のヒモではしっかり。

   


4番手に3番ロードゴラッソ

名古屋大賞典を勝ったあとパッとしませんが。ここでどうですか。

差し馬に向く展開になって台頭に期待です。