子育て資金を馬券で稼ぐ

のは諦めたので、ただ公営競技を予想したり、思ったことを書いている日記です

2022/07/16 函館11R 函館2歳ステークス 予想

中央競馬の2歳戦線、最初の重賞が行われます。

函館2歳ステークス。今年は門別の馬の参戦がなく、中央の馬13頭の争いです。

新馬勝ちが9頭、未勝利勝ちが3頭、まだ未勝利が1頭という構成です。

毎年のことながらデータも少ないので、カンピューターで攻めたいと思います。

 

本命は3番クリダーム

函館1200m組では一番タイムがいいです。また逃げなくても控えることができることを前走で見せてくれているのも安心です。

ハーツクライ産駒にねずみいろと白の勝負服、キーファーズ系のインゼルレーシングの馬。ドウデュースと同じという訳にはいかないでしょうが、どうでしょう、クラシックに乗るのかマイル方面へ行くのか楽しみです。

 

対抗に9番ゴキゲンサン

前走はそとからスーッと近寄ってきて突き抜ける競馬。最後は迫られはしましたが、あの4コーナーの追い上げの脚は魅力です。

雨が降って内が悪いようならなおのこと外に回して上がっていくほうが良さそうです。

調教でも使ってるから外が案外伸びないってことは・・・ないですよね。

レースで使うよりももっと外側を使っているわけですし。

 

3番手に12番ブトンドール

1200mのレースでビッグアーサー産駒と言われたら買いたくなりますねえ。こちらも逃げずに番手からすっと抜け出すパターン。このパターンがどうやら自分は好きなようです。

スピードも感じられるし末脚もある、人気なので自分の見立ても間違っていないのでしょう。

 

4番手に1番ロッソランパンテ

函館以外のコースを使っている馬は苦戦しているという情報は知っていますが、でも買いたくなります。

前走の東京の新馬戦、先行馬を見る位置で進め、直線は空くのを待って、スペースができたところを伸びてきました。最後まで伸びて後続に抜かれなかったのはいいですね。

洋芝がどうか、右回りがどうか、短縮してテンのスピードについていけるのか、心配はあります。最内枠というのも揉まれてしまう心配が。

でも、あの前走のように前が空くのを待って空けば、伸びる足はあると思います。

 

5番手にオマツリオトコ

あまりにも重い馬場になればダートの経験が生きるかもしれない。そう考えてこの馬を入れます。ダートで圧勝しているニシノシークレットもいますが、こちらを。

直線の抜けっぷりはこっちのほうが良かった気がするので。

 

大外枠のアスクドリームモアは勝ち方は好きなんですが、キズナ産駒も好き、母父サクラバクシンオーも好きですが連投というのが引っかかって印に入れませんでした。

調教の点数がいいので気になりますが、ここは見逃します。父岩田はなにかやってくれそうな気がしますし、今年重賞を5つほど勝っているので気になりますが、見逃します。

きたら悔しいけど・・・