子育て資金を馬券で稼ぐ

って叫んでみても、なかなか儲からない・・・

2018/02/04 東京11R 東京新聞杯 予想

大混戦の様相を呈している東京新聞杯。昨年以来のレースになる馬と、今年使っている馬とが入り乱れていますし。4歳馬は賞金を減らされるので、2着以内には食い込みたい。特に牡馬は賞金が減った状態で安田記念になってしまうので、とにかく稼ぎたいところでしょう。牝馬はまだヴィクトリアマイルがあるので出ることはできそうですが、でもそこでだめだと安田は厳しい。

やはりここで賞金を稼ぐのは重要になってきそうです。5歳以上の馬はほとんど賞金を持ってそうですから、ここは叩きで。と思いつつ、5歳以上でやっとオープンに来た馬なんかは勝ちに来ているはずなので、4歳ばかり狙うのもだめそうです。

どう予想していきましょうか。

   

本命はリスグラシュー

ここまで人気になると思っていませんでした。エリザベス女王杯以来の3ヶ月行かないぐらいの休み明け、どこまでやれますか。前走は古馬に跳ね返されたと見ると、ここでも苦しい気はしています。私はあれは距離のせいだと考えているので、古馬相手でも大丈夫と考えています。成績を見るとG1で3回2着となっているので、相手なりに走ると見ての本命です。

オークス、エリザベス女王杯は距離が長くてだめでしたが、マイルのここでは好走できるはず。2歳のときに、ここで重賞を勝っている。ということを考えて、ここでは十分に勝負になるはずです。武豊の絶妙な手綱さばきで来てくれると信じています。

 

対抗にハクサンルドルフ

馬場状態がそこまで良くないらしいですが、府中なので、やはり切れ味が重要だろう。そう考えてこの馬にしました。休み明けですし、準オープンを突破したばかり。個の好メンバーの組み合わせで積極的に買いづらい感じですが。配当を狙っていきたいので。荒れる方にふって考えました。切れ味は一級品。ハマれば突き抜ける、そういうシーンを思い描いています。

 

3番手にデンコウアンジュ

ここも切れ味勝負の馬を入れています。ヴィクトリアマイルで突っ込んできているので、多少の荒れた馬場は苦にしないはず。内枠発進から、どうにか外に出してあとは、アクセル全開で突っ込んできてくれるかと思います。

 

4番手にストーミーシー

前走の京都金杯で5着。いい追い込みを見せてくれました。

東京コースは追い込みのこの馬にあっているはず。ここもアクセル全開で前回より前へ。期待しています。

https://www.instagram.com/p/BevXnfhg55t/