子育て資金を馬券で稼ぐ

つもりでやってはいるんですがねえ

2018/03/07 大井11R フジノウェーブ記念 予想

水曜日は南関東の重賞の日。ということで3月1発目の南関東重賞が行われます。16:10発走ということで、トゥインクルでおなじみの大井も冬はデーゲーム。次の3月末の開催までがデーゲームです。来週からは船橋がナイター。もう貼るがすぐそこまでやってきています。

春がやってくるからか、雨の予報が月曜日から火曜日まで。相当に降るような話をきいています。一日経って重か稍重か、ただ、良ではないでしょう。足抜きのいい馬場になりそうだということをまず頭に入れておきます。

ここのレースの勝ち馬は58kgか59kgと重い斤量です。このレース名の由来となったフジノウェーブは東京スプリング盃4連覇をすべて59kgの斤量で果たしています。重い斤量、あまり気にしなくていいようですね。

というところで、予想していきます。

   

本命はキャンドルグラス

黒潮盃後に4連勝、B級からA級2組まで上げてきました。そのうち3回はこの1400mのコースです。2走前はこのすぐにカーブを迎える1400mでは不利と言われる大外から発進して勝っています。今回も大外枠、ですが、大丈夫かと。

他の強そうな馬は58,59kgで出てきますが、この馬は55kgと斤量の面でも有利です。

先に斤量の有利不利はない、重い斤量の馬が勝っていると紹介した上で、さらに大外枠を引いたこの馬を選んでいる。矛盾だらけな気もしますが、まぁ勢いを買って下克上を期待します。もう答えになっていませんが笑

 

対抗にソッサスブレイ

若手の突き上げに期待して明け4歳馬をもう一頭。追い込みが決まる展開になればこの馬にチャンスが回ってきます。雨で足抜きがいいとすればしんどいかもしれませんが、前に行く馬がけっこういるのでハイペースになり、後ろから決まるということはないでしょうか。ケイアイレオーネ、リッカルドあたりが前で苦しみ、差しに回ったキタサンミカヅキも斤量で苦しむ、なんて展開があれば浮上するかなと。

上位人気同士で決まることはあまりないイメージなので、こういう人気の薄そうな、でもチャンスがありそうな馬を指名します。

 

3番手にキタサンミカヅキ

年明けの大師オープンで取りこぼしたのは気になりますが、前を捕まえきれないのは差し馬の宿命のようなものかもしれません。今回は直線の長い大井。59kgの斤量がどこまできいてくるかわかりませんが、直線の距離が足りないということはなさそうです。思う存分追い込んでもらいたいです。

 

4番手にケイアイレオーネ

連覇を狙って出走してきます。昨年は川崎記念から一気に700m短縮、距離を2/3にしての勝利でした。今年は船橋の1800mを使ってのここです。前でウケて伸びてくるかなと思ったらそこまで伸びず。買ったリッカルドにはみんなが大きく離されていたのでしょうがないとしてもキャプテンキングにまでやられているのは気になるところです。

 

リッカルドとキャプテンキングは1800mぐらいが良くて1400mはスピードが合わないと感じて印を回しませんでした。この2頭は前走の成績から人気になるでしょうから。飛んでくれると配当が跳ね上がりそうです。

私のほうが跳ね飛ばされるかもしれませんが。

https://www.instagram.com/p/Bf51vebgrUW/