子育て資金を馬券で稼ぐ

って叫んでみても、なかなか儲からない・・・

2017/11/22 笠松10R 笠松グランプリ 予想

寒い日々が続いていますが体調は大丈夫でしょうか。私はひどい状態です。室内と室外の差でやられている気もしますが。まぁ季節の変わり目を乗り切っていきましょう。競馬業界も季節の変わり目、グランプリシーズンが始まりました。北海道はひと足早くシーズンが終わりまして、最後のレース、ホッカイドウ競馬のグランプリのようなレース道営記念がありました。次は笠松です。笠松グランプリは賞金が1000万円あるのでグリーンチャンネルでやるようですね、注目もされるレースになろうかと思います。

今年は連覇中の岩手のラブバレットはやってきましたが、グランプリはしごで来る予定だったオヤコダカが回避。昨年より楽になろうかと思ったらいやいや、春のかきつばた記念を制した快速逃げ馬、兵庫のトウケイタイガーがやってきました。同型の強い馬が来たところでどうなりますか、楽しみです。

 

広告

   

本命はラブバレット

展開を考える上でまずは逃げ争いをする馬を考えますが兵庫のトウケイタイガーはスピードまかせに行きそう。ラブバレットもダッシュのスピードがあるのでからんでいけそうですが、ここはクラスターカップのように逃げ馬の番手へ。大外枠に入った高知のカッサイは地元ではいい逃げを打って残る走りをしていますが、交流重賞を勝てる逃げペースにはついていけないでしょう、枠も大外と逃げるのはしんどい枠ですし、ということで番手へ。必死こいたら行けそうなポルタディソーニの捨て身逃げなんてものも警戒しましたが、前走はトウケイタイガーについていって3コーナーから失速。3着には粘ったものの力の差を見せつけられました。無理していっても潰れるだけなので控えて番手へ。

ということでトウケイタイガーが逃走するところをがっちり番手で、ラブバレット、カッサイ、ポルタディソーニの3頭が追って行く展開になると思います。交流重賞で勝ち負けする馬が行くのでタイムも速くなるのではないでしょうか。ここにエイシンヴァラーが加わってきたらもう大変な乱ペースになりそうです。ドリームコンサートを金沢で倒しているライスエイトも逃げて結果を残している馬、これもからむ???

もう相当なハイペースになると予想しました。

 

そうなると逃げるトウケイタイガーにはきつくなりラブバレットにチャンスが来るのかなと思いました。前を捉えに行くほうが狙いがはっきりして走りやすそうですし。

トウケイタイガーは前走、カツゲキキトキトの本職でない1400mですごい勢いで差された印象が強すぎて、狙いを定められると弱い気がしたんです。あと、本調子じゃないのかなと。

なので、地元のクラスターカップであわやのシーンを作ったラブバレットの番手捲りに期待しています。

 

対抗にトウケイタイガー

逃げてマークされて辛いとは思いますが、カッサイやポルタディソーニといった各地のオープンでやっと勝てるという馬よりは先着できるでしょう。こういう前に行く強い馬は心配なのが、番手でちょい差しを狙っている馬よりはまったく無心で差し一発を狙ってくる馬。しかし、そこまで強い気がする馬はいない。中央オープン勝ちのエーシンヴァラーも往時の力がなくてバテると思って切っている。となると、ラブバレットにはやられるが、それ以外の先行馬からもしのげて、差しに強い馬はいない。この馬に向くと思います。

 

3番手にプリンセスバリュー

差しでくるとしたら7歳牝馬、大ベテランのプリンセスバリュー

重賞は金沢で勝っているだけですが、差しに回ればチャンスは来るかなと思います。各地で安定して走れているのはいいことです。

 

4番手にポルタディソーニ

3歳牝馬の成長力にかけて。先行馬はトウケイタイガー、ラブバレットに掃除されてしまう気もしますが。頑張ってくれたらなぁ

https://www.instagram.com/p/BbwudjDAPch/