子育て資金を馬券で稼ぐ

って叫んでみても、なかなか儲からない・・・

維新に入れることにします(2016参議院選挙)

子供が産まれてから初めての選挙

今までよりも、より、未来を考えた気がします。

 

結論としては、維新にするので

そこに至る経緯を残しておこうかなと思います。

子供が見返して、あのハゲギャンブル野郎が

こんなこと考えてたんやなと知ってほしいので

 

そして、これよりもっと深く考えてほしいし

もっと自分の思考を深めてほしい。思考はどこに行っても武器になる。

そのための例になれば。 

 

維新にした経緯

 

去年の夏を振り返る

 

去年の夏の安保まつり、違憲やなんやいろいろありました。

その議論と国会前の取り巻きを見て思ったことは

ルール・仕組みで解決を図ってほしい

違憲やなんて言うから、そこで終わりやと思ったら

法案が通ってしまう。

違憲の法案を止めるすべもない。

 

維新がなんとか対案をまとめたけど、

それでも止まらんし、野党の責任は果たしたと思ったけど

民主党から謀反扱い・・・

ルールを作る場所の人たちが、議論のためにルール案を出したら怒られる。

この時点で、自民への怖さより

民主党への不信感がすごくなりました。ルールで対抗せず

よくわからん世論、賛成反対であまり差のない世論で対抗を図った。これは怖い。

人格批判をやめてほしい

アベ政治を許さないとか

安倍さんならやるよね、あの人だからとか・・・

単純にいじめってこういうところから始まるんやなと、そう思うので

こういう言い方を大人たちがするのはなんとも嫌な社会やなと感じてました。

 

 

各党のマニフェストを見てみる

 

ルールを作って解決しようとしているか確認

まずは去年の夏に感じた、ルールがなくて止めれない問題に対処しようとするか。

これに対応した政策は自分が見る限り維新のみでした。

 

ほかは安保法案に反対とか全廃とか言ってくれてるんですが

そもそも違憲という言葉が出てこない・・・違憲やなかったん??

通れば違憲じゃなくなるの?

民進は

「このことは、憲法で国民が国家権力の行き過ぎに歯止めをかける立憲主義と、憲法9条の平和主義を揺るがすものです。絶対に認められません。」

ということで、あれだけ違憲やと騒いだのに曖昧に

 

共産党は頑張っています。

立憲主義を破壊する禁じ手に踏み込みました。

禁じ手を使われたのに、それを封じる手を作る気はないみたい。

 

維新は憲法裁判所で止めようという構えです。

今回の選挙で憲法に改憲派に入れられて、民共軍団に敵認定されてますが

ルールで解決しようぜ、ルール作ったらええやんっていう大阪の空気をそのまま持ってきてて

こいつらは維新やねんからしゃあないやんって思ってます。

 

民進、共産が個別法案に反対で違憲なものを二度と起こさないという対応を取らないのは

たぶん、この2つの党は、同じことをしようとするかもしれんからやと見ています。

 

ルールでなんとかしようとしているのは維新のみと見ました。

 

具体的に何をするの?

これは共産がすごいですわ。やはり変わらない党。しっかりしてるわ。

 

維新も出してきてるんやけど、

無駄に憲法に踏み入れすぎ。教育を国の方針として無償化にするという心意気はわかりますが

これ、法律でええやん。

道州制のためにって、地方自治に関する法律変えるだけやとあかんの??

憲法裁判所以外は法律でできるのに無駄に憲法に踏み込んでいる

これがなんか気になりますが、まぁまぁパフォーマンスでしょ

 

具体性があるのは共産

 

ふつうの定義

 

政策で気になったのは民進党の言う「ふつうの人」

これってなんなん?だれなん??

上に書いた、いじめってのがここでも感じるんですよね。

 

ふつうとそれ以外に分断した瞬間に、いろんな負の感情が普通じゃない人に向きます。

自分らは普通、あいつらは違う。これだけでも敵対心が湧くのに

あいつらばっかり優遇されているってのを煽りに煽っています

国を分断して、民進党は何がしたいん??

「ふつう」とはなんなのか、説明してほしいし

差別を生まない、対策法を立てると「約束」しながら

差別に近いものを煽っている。もう信用できません。

 

去年の夏も思ったけど、自分たち普通やと思ってる

そして、いじめっこたちの集まりが民進党と民進党が響く層であり取り巻きなんや

あらためて、マニフェストからもそう感じました。

 

小学生の時に

「ふつうの人」は存在しない。

君たちがいて、僕がいる、ただそれだけ(チャーリー浜を知らんかったらわからない)

人は自分の基準でしか判断のしようがない。だから自分の意見は自分の意見でしかない。

多数決でどれだけ勝っても、正しくはない。同じ意見の人が多いだけ

 

こんなことを教えられてきたので、普通を押す人は信用ならんのもありますね。

まぁ民進党ひとり負けです。

 

詐欺かなんかですか?

完全に民進党と共産党が怖くなったのはSEALDsのこういうの

sealdspost.com

(引用開始)

「議会のバランス重視」「改憲よりも経済政策重視」「自民・公明党の不支持」を考えているならば、反改憲勢の小川候補となります。改憲勢という“最悪の候補者”を、最後の椅子に座らせるわけにはいかないからです。

(引用ここまで)

田中康夫vs小川なんとかさんの6位争いになっていて

民進党の小川さんにいれましょうとなっているんですが

太字になっている3つを考えたら田中康夫になってしまうんですよね。

議会のバランス・・・与野党のバランスであれば、おおさかも民進党も野党。

自民と民進の2つのでかい政党で戦うと2つにはまらん人は入れ先がなくなる?

政党はそこそこ大きい2大政党以外もあったほうがいい

→維新にしないと

改憲よりも経済・・・民進党は改憲反対が大事、おおさか維新は経済とか生活を語ってる

→維新にしないと

自公への不支持・・・維新は自民と協力も考えている

→これは民進党

 

やっぱり維新になる。

てか、反改憲というより民進党の小川さんやろ。

維新が野党ってのを消すのに必死すぎやww

維新の勢力を必死こいて潰そうとしてるのはずっと民進党やねんけどなぁ。

 

sealdspost.com

中身が詐欺とかマルチ商法の勧誘みたいで怖かったです。

相手を批判するのは相手を助けるためって、典型的な詐欺な感じがします。

マインドコントロールな感じがします。怖い怖い。

ここでは政権関係ない選挙やからと言いながら

sealdspost.com

この記事では、安倍政権のこれまでを問うと太字で書かれています。

政権交代に関係なくて、政権の評価をするというのは両立しますが

ここで、もし政権への批判を表明すると

次の衆議院選挙で、「前回の参議院選挙で現政権への評判悪かったよね、感じ悪いよね」

って、ほぼ直接的な感じで政権交代への布石として使われる可能性があります。

これは怖い。

 

民進党に入れると、この人達がついてくるし

さっき、共産党の政策については評価してるんですが、入れようと思ったけど

やっぱり、後ろからついてくるのが怖いんですよ。

 

自民が怖い、でも共産の後ろに隠れている民進・若者がもっと怖いから

怖いから、やることが見えてわかりやすい維新なんです。

 

自民党の政策に入れると、怖い怖い改憲案がついてくるのは知ってます。

でも、怖いものが具体的に見えてるし、どう怖くなくすか考えられるんですよ。

でも共産の後ろに見える民進党と、若者たちSEALDs

こいつらは具体性がなくて怖いんです。

 

SEALDsが世代が近くて、そして怖いんすわ。

育った環境が違いすぎるからか、思考回路が怖いんです。

今後のメインがこういう人たちになるんかと思うと、子供を連れて外に出たくなる。

 

ルールで決めて、その中で色々やる社会に

感じ悪いとか、ふつうの人なら・・・ とかいうルールと関係ない空気で

物事が潰されていく、あるいは増殖していく。

法治国家やなくて気治国家ですよこんなの。

 

小さい頃から、

ルールに縛られたくないならルールを変えろ、ルールを作れ

ルールなんて物騒やって言うけど、空気のほうが物騒や

いろんな人がおる、自分の感覚の及ばん人がおる、そこから身を守るためにルールがある

 

そのルールを無視して突っ込んだ自民も入れたくないし

ルールを空気で凌駕して悪いイメージで潰そうとする人たちにも入れたくない。

正々堂々、ルール作りで対抗しようとしている感のある維新に入れるしかなかった。

 

 

といいつつ、現場で土壇場で変えるかもなぁ

それでは 

 

お題「選挙」